WordPressをロリポップからエックスサーバーに移転する方法・手順

シェアしていただけたら嬉しいです!

スポンサーリンク
サーバー移転

こんにちは。

先日、長年愛用してきたロリポップを遂にエックスサーバーへ移転しました、どうもレオ(@petasojp)です。

今回、ロリポップからエックスサーバーへ移転することとなった理由については、以前のエントリーで書きましたので良かったら一緒に見ていってください。

僕がロリポップにした理由とこれからエックスサーバーに移転する理由

さて、これからロリポップで使っていたWordPressをエックスサーバーに移転する方法を書いていこうと思いますが、まずコレだけはみなさんにお知らせしておきます。
サーバー移転は思っているよりも簡単です。
サーバー移転ってけっこう難しいイメージがあったり、作業工程もたくさんあってメンドクサイなんて思っている方も少なくないでしょう。

実はボクもサーバー移転する前は、移転方法を調べたりするだけでメマイがしそうな勢いで、途中でやめようかと何度も思いました。

『あぁ~こんな羽目になるなら最初からエックスサーバーにしておけば良かったなぁ』なんてずっと思っていました。

ところが、実際にサーバー移転してみたら、そんなに難しいことはなく、意外と簡単に出来しまったなという感じです。確かに作業は多くて、ちょっと面倒くさくもなることもあるかもしれませんが、一度だけなんで頑張って乗り越えましょう。

ここでは、ボクなりに分かりやすくサーバーの移転方法を書いていきますので、どうぞ挑戦してみてください。

ちなみにボクがサーバー移転の際に参考にさせていただいたサイトがこちら↓
ロリポップからエックスサーバーに移転する方法 【アフィリエイトで稼ぐ方法を全部話そうと思う】

このサイトはめちゃくちゃ分かりやすく、正直ボクが説明しなくてもいいんだけど、自分自身忘れないためにも書いておきます。

では。

※もしかすると間違っているところもあるかもしれませんので、参考程度に受け止めてください。サーバー移転の際は自己責任で行うようお願いいたします。また、誤り・訂正等ございましたら教えていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

ざっくりしたサーバー移転の手順

今回挑戦していくサーバー移転の流れをざっくりと説明しておきます。

まず、ロリポップのWordPressをエックスサーバーに移転する際に必要なものが、ロリポップサーバー上にある『データベース情報』とWordPressの『フォルダとファイル』の二つです。

たったこの二つをエックスサーバーに移行するだけでいいんです。
ただ、途中でファイルの書き換えがあるので、注意が必要です。

ここで手順を簡単に。

  1. ロリポップの『データベース情報』をエクスポート
  2. ロリポップの『フォルダとファイル』をダウンロード
  3. エックスサーバーと契約
  4. エックスサーバーに『データベース』をインポート
  5. ロリポップ側で新しく記事を書く←やってもOK、やらなくてもOK
  6. エックスサーバーに『フォルダとファイル』をアップロード
  7. ネームサーバーの変更

ざっくりと言うと、以上の7手順でサーバー移転が完了します。

ちなみに最後のネームサーバーを変更しない限り、ロリポップサーバー上のサイトが反映されるので、途中で心が折れたり、失敗しても問題はないのでご心配なさらず。

今回ボクがサーバー移転するのにかかった時間はなんと3日程。
これは正直時間がかかりすぎです。
こんなに時間がかかってしまったのは、インターネット環境が悪かったことがあげられます。

ボクは海外に住んでいることもあり、インターネットが遅いこと遅いこと…途中の『フォルダとファイル』のダウンロードとアップロードだけで、丸二日間ぐらいかかったと思われます。

ただ、みなさんは日本の最高に早いインターネット環境だと思うので、恐らく数時間で移転することが出来ると思います。

ではさっそく移転作業に入っていきましょう。
でもその前に。

バックアップは必ずしましょう

サーバー移転作業に入る前に、サイトのバックアップは必ず取っておきましょう。

途中でファイルを書き換えたりすることがあるので、バックアップは必須です。
WordPressプラグインで簡単にバックアップできるものもあります。
バックアップ方法は下記のサイトが参考になります。

BackWPUpで確実にWordPressのバックアップを取る方法

また、ロリポップにも有料でバックアップオプションというのがあります。
こちらは初心者でも簡単にバックアップが取れるのでオススメです。
というか、申し込みをしたらロリポップさんが、勝手にバックアップを取ってくれるので、ほぼ何もせずにバックアップを取ることが可能です。

料金もそこまで高くないので、安心を買いたいという方にはオススメです。

ロリポップ!

サーバー移転前に準備

そしてサーバー移転作業に入る前にもう一つ準備しておくものがあります。

それは『エディタ』と『メモ帳』です。
この二つは初心者の方には必須ですので、移転作業に入る前に必ずパソコンにインストールしておきましょう。

恐らく、どのパソコンにも『メモ帳』はインストールされているはずですので、確認しておきましょう。普通のメモ帳で大丈夫です。

『メモ帳』は途中で、サーバーログイン情報など記録しておくために使用します。

『エディタ』は途中で、ファイルを書き換えるために使用します。

エディタをインストール

次にエディタです。
ここで注意が必要なのが、最初からインストールされている『メモ帳』でもファイルを書き換えたり出来るのですが、サーバー移転作業の際は、絶対に『メモ帳』でファイルを書き換えたりしないよう注意が必要です。

ファイルを書き換えるときは、ちゃんとしたエディタで行うようにします。

ボクがインストールした『エディタ』は【TeraPad】というWindows用のエディタです。

インターネットで【TeraPad】と調べれば出てきますので、エディタの準備が出来てないという方は、各自調べてみてください。

FFFTPのインストール

そしてもう一つ必要なのが、FTPというやつです。

なにそれ?と思う方もいるかもしれませんが、FTPとはロリポップのファイルをダウンロードする時やエックスサーバーにアップロードする時に必要なソフトだと思ってください。

簡単に言ってしまえば、サーバーと直接繋がれるソフトだということです。

ちなみにボクはWindows用の【FFFTP】というやつをインストールしました。
こちらもインターネットで調べればすぐに出てきますので、まだFTPの準備が出来ていないという方は、各自調べてインストールしておきましょう。

※ちなみにMacをご使用の場合は、サイバーダックっていう無料のFTPがあった気がします。

ロリポップからデータベースをエクスポートします

さぁここからサーバー移転作業に入っていきます。
難しいことは何もないので、臆せずに進んでいきましょう。

まずはロリポップの『データベース』をエクスポートしていきます。
ただ、その前にWordPressで使用しているキャッシュ系のプラグインを削除しておきましょう。キャッシュ系のプラグインはあっても問題ないこともありますが、場合によってはエラーが出たりするので、厄介ものだと思って必ず削除しておきましょう。

キャッシュ系のプラグインを削除したら、ロリポップのデータベースをエクスポートしていきます。

ロリポップでの作業

まず、ロリポップへアクセスしてユーザー専用ページ管理画面へいきます。
画面左側の【WEBツール】→【データベース】と進みます。

ロリポップサーバー

するとこんな画面にいくと思います。

ロリポップサーバー

データベースの情報が表示されますので、記載されている『サーバー』と『ユーザ名』と『パスワード』を【メモ帳】にメモしておいてください。

※『パスワード』は【パスワード確認】というところをクリックすると表示されます。

メモが済んだら次に【PHPMyAdminを開く】をクリックします。

データベースログイン

するとログイン画面になるので、メモしたデータベースの情報を入力して【実行】をクリックします。

ロリポップデータベース

次に画面左側の【データベース名】をクリックします。

ロリポップ

そして、画面上部にある【エクスポート】をクリック。

ロリポップ

ロリポップ

詳細 – 可能なオプションをすべて表示】を選択して、生成オプションの【DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT コマンドを追加する】にチェックを入れます。

後は、一番下の【実行する】をクリックすると、SQLファイルというデータベースがダウンロードされます。

以上でデータベースのエクスポートは終了です。

FFFTPを使ってロリポップからフォルダやファイルをダウンロードします

ここでは、作業前に準備してもらったFTPを使ってロリポップの【フォルダやファイル】をダウンロードしていきます。

まず、ロリポップからダウンロードした【フォルダやファイル】を保存するフォルダを作成しておきます。

lolipop

デスクトップ上に【新しいフォルダ】を作って、フォルダネームを【lolipop】に変えておきます。

次にFTPとロリポップサーバーを紐付けします。
そのために、ロリポップの【FTPのアカウント情報】が必要ですので、調べておきます。

FTPのアカウント情報はロリポップのユーザー専用ページから【アカウント情報】→【サーバー情報】に書かれていますので、【ホスト名】と【アカウント名】と【パスワード】をメモ帳にメモしておきましょう。

FFFTPロリポップ

FFFTPを開いて【新規ホスト】でロリポップに接続します。
ここに先ほどメモした【ホスト名】と【アカウント名】と【パスワード】を入力します。

FFFTPロリポップ

ローカルの初期フォルダ】は先ほどデスクトップ上に作成した【lolipop】フォルダを選択します。

そして【暗号化】というタブを開いて【暗号化なしで接続を許可】にチェックを入れてOKをクリックします。

接続が完了したら左側にデスクトップ上の【lolipop】右側にロリポップサーバーの【ファルダやファイル】が表示されているので、右側から移転するフォルダを左側へドラッグしてダウンロードします。

ここでは大量のファイルをダウンロードするので、けっこう時間がかかります。

ボクはこのダウンロードだけで丸一日かかってしまいました。
インターネット速度も関係するので、インターネット環境がいい場所で行うと早く完了するかもしれません。

とりあえず以上でロリポップでの作業は終わりです。

エックスサーバーを契約しましょう

ロリポップのファイルダウンロードに時間がかかるので、ここで暇つぶしにエックスサーバー
と契約しておきましょう。

エックスサーバーサイトに飛びます↓
エックスサーバー

エックスサーバーでは10日間無料の契約があるので、まずは無料で契約しておきます。



契約が完了すると、エックスサーバーからサーバー情報などが記載されたメールが届きますので、すぐ分かるように保存しておきましょう。

エックスサーバーで独自ドメインを登録しておく

エックスサーバーとの契約が済んだら、さっそくログインして移転したいドメインを登録します。

エックスサーバー

サーバーパネルにログインして【ドメイン】という項目から【ドメイン設定】→【ドメインの追加設定】をクリックして、ドメインを追加します。

これでドメインの設定は終了です。

エックスサーバーにWordPressをインストール

エックスサーバーに新しくWordPressをインストールします。

WordPressインストール

サーバーパネルの【ホームページ】から【自動インストール】をクリック。

WordPressインストール

インストールするドメインを選択して、【プログラムのインストール】をクリック。
【WordPress日本語版】の【インストール設定】をクリック。

すると、ブログ名やユーザー名、パスワードを入力する画面になります。ここで入力するブログ名やユーザー名、パスワードは現在あなたがロリポップで設定しているものと同じで問題ありませんので、同じにしておきましょう。

WordPressインストール

下の項目は【自動でデータベースを生成する】を選択し【インストール】をクリックします。
クリックすると画面にデータベースの情報【MySQLデータベース名】【MySQLユーザ名】【MySQLパスワード】をメモ帳にメモしてからインストールをします。

これでエックスサーバーにWordPressのインストールが完了しました。

エックスサーバーにデータベースをインポート

次はロリポップでエクスポートしたsqlファイルをエックスサーバー上にインポートしていきます。

WordPressインストール

エックスサーバーのサーバーパネルから【phpmyadmin(MySQL5.7)】をクリック。
先ほどメモしたデータベースの情報を入力してログインします。

WordPressインストール

ログインできたら画面左上の【データベース名】をクリック。

WordPressインストール
画面下の【すべてチェックする】を選択して、【削除】を選択して【実行】します。

削除が完了したら次はインポートしていきます。

ロリポップ
画面上の【インポート】からロリポップでエクスポートしたsqlファイルを選択して実行します。

これでデータベースのインポートは終了です。

ロリポップ上で新しい記事を書こう

ここで、一旦、ロリポップのWordPressで新しい記事を公開します。
なぜこの作業をするかというと、後でエックスサーバーに移転した時に、どっちのサーバーで動いているかを判断しやすくする為です。

通常通りブラウザからWordPressを開いてログインしてください。
そうすると、今まで通りロリポップサーバーのWordPressにアクセスすることになるんですが、ここで何でもいいので、新しく記事を書いて公開しておいてください。

ここで書いた記事は、エックスサーバーに移転後は反映されないのですが、後ほどエックスサーバー上に移すことも可能です。

WordPressファイルのアップロード下準備

次にロリポップからFFFTPでダウンロードしたファイルやフォルダをエックスサーバーにアップロードしていきます。

今度はFFFTPをエックスサーバーと接続します。
先ほどのロリポップと接続したままの人はここで一旦、接続を解除してください。

エックスサーバーとFFFTPを接続するにはロリポップと接続したときと同じようにサーバーアカウント情報を入力して接続します。

エックスサーバーの申し込みした時にもらったメールにサーバーアカウント情報が記載しているはずなのでチェックしてください。

サーバーアカウント情報が確認できたら、ロリポップに接続したときと同じ要領で行ってください。

FFFTPロリポップ

FFFTPロリポップ

【新規ホスト】→(ホスト名)(ユーザー名)(パスワード)を入力、【ローカル初期フォルダ】にはデスクトップ上で作成した【lolipop】を選択。

接続したら左側がデスクトップ上の【lolipop】、右側がエックスサーバーのフォルダになっていると思います。

右側にエックスサーバーで設定したドメイン名があるはずなので、それをクリックして開きます。
そして次に【public_html】をクリックすると、中に【.htaccess】と【wp-config.php】があるので、デスクトップ上にダウンロードしておきます。

エックスサーバー移転
ファイルをそのままドラッグすればダウンロードすることができます。
デスクトップ上にダウンロードした【.htaccess】と【wp-config.php】を編集する前にコピーしてバックアップを取っておきましょう。

ここまで出来たら一旦、【.htaccess】と【wp-config.php】のファイルを書き換えていきます。

※FFFTPはエックスサーバーと接続しっぱなしにしておいてください。

.htaccessの記述変更 ※重要

ここからが一番重要な作業なのでお間違いなく作業を行っていきましょう。

移転作業前にインストールした【TeraPad】を使って書き換えていきます。
【TeraPad】を開き、そこから先ほどデスクトップ上にダウンロードした【.htaccess】を開きます。【.htaccess】を開いたらコードをすべてコピーします。

エックスサーバー移転

次に【lolipop】フォルダの中にある【.htaccess】を開いて、いちばん先頭に先ほどコピーしたものをペーストします。

これで【.htaccess】の書き換えは完了です。

wp-config.phpの記述変更 ※重要

次にwp-config.php】にはロリポップのデータベース情報が書かれていますので、これをエックスサーバーのデータベース情報に書き換えます。

先ほどと同じように【TeraPad】で【wp-config.php】を開き、エックスサーバーのデータベース情報に書き換えてください。

エックスサーバー移転
エックスサーバーのデータベース情報はWordPressインストールした際にメモしたやつです。

書き換えが終わったら上書き保存して終了です。
これで【.htaccess】と【wp-config.php】の書き換えが終わりました。

ロリポップのダウンロードファイルを丸ごとアップロード

ここでFFFTPを使ってエックスサーバーにファイルのアップロードをしていきます。

FFFTPの右側を【ドメイン】→【public_html】と開いて、FFFTP左側のロリポップでダウンロードしたフォルダをクリックして開きます。

この状態で左側のファイルたちを丸ごと右側のエックスサーバー側にアップロードします。
左側を【Ctrl+A】ですべて選択し、ドラッグ&ドロップで丸ごとアップロードが可能です。

これでロリポップのファイルやデータベースをエックスサーバーにコピーすることができました。

ただ、このアップロードもかなり時間がかかりますので、気長に待ちましょう。

エックスサーバー上で動作確認

次にエックスサーバーで自分のサイトがしっかりと表示されているか確認します。

ただ、ネームサーバーを変更しない限り、ロリポップでのサイトが表示されている状態です。
これをエックスサーバーで表示させるには以下の手順で行っていきます。

【hosts】というファイルがパソコンにあると思うので、そのファイルにIPアドレスを追記していきます。

まずエックスサーバーの【サーバーパネル】にログインして、アカウント項目の【サーバー情報】を開くと、IPアドレスが表示されるのでメモ帳にメモしておきます。

そして、次にメモ帳を【管理者として実行】をクリックしてから開きます。
※メモ帳を右クリックすると【管理者として実行】というのが出てきますので、それで開くようにしてください。

【管理者として実行】でメモ帳を開いたら【ファイル】→【開く】→【コンピューター】→【ハードディスクドライブ(C:)】→【Windows】→【system32】→【drivers】→【etc】→【hosts】の順でファイルを開きます。
※たぶん最後のところで【hosts】がないという方は、画面右下の【テキスト文書】を【すべてのファイル】に変えてみてください。そうすると【hosts】があると思います。

エックスサーバー移転

【hosts】が開けたら先ほどメモした【IPアドレス】と【ドメイン】を一番下に記述して上書き保存します。

いったんここまで出来たら、パソコンを再起動しておきましょう。

サイトやWordPress管理画面を念入りチェック

パソコンを再起動したら、次にブログの表示や管理画面をチェックしていきます。

先ほど【hosts】に【IPアドレス】と【ドメイン】を追記したことで、
あなたのパソコンからだけが、エックスサーバー上のサイトを確認することが可能となっています。

さっそくサイトへアクセスして確認してみてください。

アクセスしてみて、サーバー移転中に書いた記事が表示されていなければ、それはエックスサーバー上のサイトが表示されていることになります。

ここではサイトがしっかりと表示されているか念入りに確認をしておきましょう。

そして確認作業が終了したら、先ほど【hosts】に追記した【IPアドレス】と【ドメイン】は削除して上書き保存しておきます。

ドメイン会社よりネームサーバーの変更でサーバー移転終了!

最後に、すべてをチェックして問題がなければネームサーバーの変更をします。

ネームサーバーの変更はドメイン業者の管理画面からネームサーバーを変更できます。

ボクはムームードメインを利用していたので【コントロールパネル】→【ネームサーバ設定変更】ら変更しました。

このとき、エックスサーバーのネームサーバーの情報が必要なのですが、エックスサーバーに申し込みした時に、エックスサーバーから来たメールに書いてありますので、確認してみてください。

メールに記載してあるネームサーバーを5つ記入して【ネームサーバ設定変更】をクリックすれば変更完了です。

はい、これでサーバー移転が完了しました!
ただ、ネームサーバーを変更した直後は、まだ変更が完了していません。
ネームサーバーの変更には約2日~3日程度かかるようです。

そのため、この期間はロリポップのサーバーで表示されたり、エックスサーバーで表示されたりと不安定です。でも三日後とかには、安定してエックスサーバーのサイトが表示されると思います。

ちなみにボクは二日目でエックスサーバーで表示されるようになりました。

最後に

いかがだったでしょうか?
無事にロリポップからエックスサーバーに移転できましたでしょうか?

作業工程は多いですが、この通りにやれば恐らく2,3時間で完了できてしまうかと思います。
まぁボクは3日かかってますけど…

もし、『エックスサーバー上でサイトが表示されない!』『データベース接続確立エラーが出た』という方は、【wp-config.php】のデータベース情報を今一度確認してみてください。
結構ここで書き間違えがあったりして、サイトが表示されないということが多くあるようです。

ちなみにボクもここで【ホスト名】がロリポップのままで、『データベース接続確立エラー』で表示されませんでした。

今回学んだことはサーバー移転は気合がすべてだなと感じました。

それではこの辺で失礼いたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLEOLOGの中の人をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアしていただけたら嬉しいです!

フォローする

よく読まれている関連記事はこちら
ブログの中の人

LEOLOG | レオログの管理人レオです。
南国が大好きな海外ブロガー。現在は南の島に移住して波乗りなどを楽しんでいます。いつかはハワイに住みたい!

旅と波乗りとブログが好きなのでその3つで何かビジネスをしようと日々試行錯誤中です!

ブログは適当に好きなことを書いてます。
ブログ飯じゃなくてブログ旅を目指して頑張ります!
どうぞよろしくお願いします。

こちらも気軽にフォローしてくださいね↓↓

follow us in feedly

Facebook like box