もしもタクシーが無料になると日本人のライフスタイルが相当アップデートされる。

タクシーが無料

こんにちは。どうもレオ(@petasojp)です。

タクシータダ(無料)にならないかなー

タクシーって高いから乗れないよねー

タクシー乗って行きてー

こんな風に思ったことないですか?
いや、誰しもそんなことを思ったことがあるはずです。
タクシーに乗りたくても高いから乗らないって人が世の中にはかなりいると思います。

もしもタクシーが無料だったらほとんどの人が毎日タクシーを使うんじゃないでしょうか。
そりゃ無料だったら誰だって乗るわ!という声が聞こえてきそうですが、それだけタクシーには需要があるということですよね。
需要があるにも関わらずタクシー業界はお客さんが乗車してくれないと嘆いています。

これには単に乗車価格が高いからということに尽きると思います。
もしも電車やバスよりタクシーの方が安かったらタクシーを使うと思いますし。

そこで、もしもタクシーが無料になったらどんな世の中になるのか?ということをテーマにして今回はお話しようと思います。

 

もしもタクシーが無料になると満員電車が無くなる

満員電車が無くなる

まず、もしもタクシーが無料になったら世の中に起こる変化として第一に都心の満員電車が無くなるでしょう。

都内の山手線に乗ったことがあるでしょうか?
この山手線には必ず満員電車になる時間帯があります。
それは平日の朝と夕方から夜にかけた時間帯です。

この時間は通勤の時間帯で会社員が毎日辛い思いをしている時間帯。
もしも、タクシーが無料になったらどうなるでしょう?
言うまでもなく会社員のほとんどがタクシーを利用して出勤するでしょうね。
わざわざ満員電車には乗りたくないから。

でも、よく考えてみてください。
全員が全員タクシーを利用し始めるとどんな事が起きるのか?
それは渋滞になります。

まして都内ですと信号も多ければ道も狭いです。
渋滞は免れません。
そうなると次はやはり電車の方が時間が読めるという点で電車を再利用する人も出てきます。

タクシーが無料になったからといっても時間に余裕がなければ、時間の読めないタクシー出勤で出勤する人はあまりいないでしょう。
こうなれば時間に余裕のある人はタクシー出勤、時間に余裕のない人は電車出勤といいバランスが取れてきます。

そうなれば満員電車も少なくなり、双方快適な出勤になるんではないかと思います。

もしもタクシーが無料になると飲み会が深夜までに及ぶ

飲み会

次に、タクシーが無料になると終電を気にする事が少なくなり、飲み会が深夜までに及ぶことになるかと思います。
飲食業界には嬉しい変化ですね。

終電を逃したら帰れないという危険があるのでどんなに楽しい飲み会でも泣く泣く帰ったって人も割と多いと思います。
でも、もしもタクシーが無料になったら「タクシーに乗って帰ればいいや」となるので、タクシー代も終電の時間も気にせずに飲み会を楽しむことが出来ます。

ただ、それで会社を欠勤・遅刻をする人がかなり多くなるかもしれませんが。。。
でも終電の時間を気にしなくていいってのは、世の中にとって凄くいい流れなんじゃないかなと個人的には思います。
終電って異様に混みますし楽しい飲み会でも最後にそんなストレスがあったら一日を良い形で終わらせられませんし。

もしもタクシーが無料になると路線バスが無くなる

路線バスが無くなる

もしもタクシーが無料になってしまったら路線バスを運営している会社は大危機に陥ることになると思います。
タクシーが無料になってしまえば今までバスを利用していた顧客はタクシーの方へ流れていきタクシー業界に侵食されていきます。
電車とは違い、同じ道路を走り、ましてや各停車するバスより直接目的地へ向かえるタクシーの方が圧倒的に需要があります。

バスを利用する理由がなくなってしまいます。
こうなると存続危機になることは必至です。
もしも、路線バスが相席バスみたいな感じになればもしかすると需要があるかもしれませんが。笑

もしもタクシーが無料になるとタクシーがテレビのようなメディアになる

テレビメディア

タクシーを無料にするには恐らく広告塔になるのがメインとなるでしょう。

タクシーが無料になれば毎日何回も乗る人がたくさんいます。
テレビのように毎日みるものとなればそれなりの広告収益を生むと思います。

タクシー業界=メディア業界

になることでしょう。
マーケティングの一つ手段としてタクシーが利用されまくりますね。

恐らく、車内が広告だらけになるかもしれません。
でも既にタクシー車内にはモニターが付けられておりテレビのように企業の広告が流れています。
これはタクシーが無料になる前兆?なのかもしれません。

もしもタクシーが無料になるとタクシー業界でストライキが起こる

タクシー業界ストライキ

タクシーを無料にすると色々な問題も出てきます。
それは人手不足による過労です。

需要が大きくなれば必然的に起きることで、今の時代でも既にこのような事が起こっています。

それが宅配業界。
AmazonやECサイトの需要拡大で宅配業界がパンクしています。

もしもタクシーが無料になれば宅配業界と同じことが起きるかもしれません。

タクシーが自動運転になったときタクシーは無料になる

自動運転

色々お話してきましたが、本当にタクシーが無料になることはあるのでしょうか?
それは “タクシーが自動運転” になった時に始めて可能になるかもしれません。

それはなぜか?

今の状況でタクシーを無料にするのは採算が合わないからです。

タクシー業界の原価は7割以上が人件費でその他に燃料費や車輌費等となっています。

いくらタクシーが広告塔になろうとも、国民の大多数が毎日タクシーを利用したら採算が合わないのは見て取れます。
広告収益にも限界がありそれ以上にコストがかかってしまうことになります。

なので、原価の7割を人件費に抱えている部分を機械が代行してしまえばかなりのコストダウンを図ることが出来るので、タクシーを無料にしても採算が取れると思います。

 

最後に

いつかタクシーが無料になる日が来ることは間違いないと思います。
タクシーが無料になるだけで日本人のライフスタイルはかなりアップデートされていくことになると思います。

個人的には早くタクシーをタダで乗りたいと思っています。
誰かがやらなければ何も変わらない。ということで出資してくれる方はご連絡下さい。
僕がやるので!

タクシーを無料にするメリットって図りしれないと思います。
専用アプリ作って、アプリ利用者は無料利用出来るとかにしてビッグデータを作成出来ますし。
利用制限をかけたりすれば(23区地域限定や利用回数など)今の状況でも不可能ではないと思います。
無料ではなく月額固定にしたりも面白いんじゃないかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です