アナタが『お金ない』原因と『お金がない』から解放される方法

お金がない

『お金ないわ~』

『お金がないから今日は行かない』

『今月はお金ないから我慢』

どうも、ブログでちょいちょい稼いでいるレオ(@petasojp)です。

さてさて大切な一度の人生。
今日もそんなことを言いながら友人のお誘いや彼女のお誘いを我慢して過ごしていませんか?
本当はお金があれば何処へでも出かけたり遊びに行きたいと思っているのに『お金』が原因で自分の人生を我慢で染めている人がほとんどなハズ。

今日はそんな人達へ送る記事です。

お金がない人に限ってよく言う『お金がなくても幸せ』は真っ赤な嘘。

日本の社会で生きていると何故か「お金はいやらしいもの」というレッテルが張られます。
お金に執着心があると「あいつは金にがめつい」とか「あいつは金ばっか」とかよく分からない陰口まで言われる羽目に合います。
でも、そんなの思考のうちはずっと貧乏のままでお金の悩みから解放されることはありません。

お金がない人に限って『お金が無くても幸せだよ』なんて言っているのが目立ちます。
そんな戯言はお金を稼いだ後に言う言葉であって、一度もお金を沢山稼いだことが無い人が言う言葉ではないのです。

ましてや中途半端に家賃の高い都内や市内に住んでいる人や買い物癖がある人がそんな事を言ってたら超ダサいと思ってください。

まず生きていく為には『お金』というものが必須です。
死ぬまで必要なお金はいくらあってもいいものなんです。
だから、今日から『お金が好き。お金がいっぱい欲しい』という思考を持って過ごすことがお金の悩みから解放される第一歩です。

『お金がない人』のお金がない原因

お金がない人の原因は明らかで単に『収入』に対して『消費』の比率が高いからです。

例えば月に15万円の収入があって月に14万円消費しているなら、そりゃ『お金がない』になります。
でも、15万円の収入のうち7万円の消費に抑えれば『お金がない』とはなりにくいですよね。
でも、ほとんどの人はこれで『お金がある』とは思えないはず。

『お金がある』=好きなものを買えるだったり、好きな場所へ旅行に行ける、大きな家に住める

といった事を思い浮かべると思います。実はこれが間違った思考なんですよ。
上記のような好きなものを買えたりしても収入に対して消費が高ければ当然お金はなくなります。
いくら稼いでいても、格好つけて高級品を買い漁って身に着けているものは一丁前でも口座には残高2万円とかだったらただのダサい人です。

でも、『お金の無い人』がイメージするお金のある人っていうのはこういう人だったりもします。
今よりも生活基準を上げたいとか贅沢したいとか思ってるんですよ。
なのでまずその思考を下記のように変えたほうがいいです。

『お金がある』=『収入に対して消費が少ない』

お金がない人の原因は完全に消費の激しい人に限ります。

『お金がない』から解放される方法

『お金がない』から解放される方法には二通りしかないです。

それは『贅沢しても問題ないぐらい収入を上げる』か『消費を少なくする』かのどちらかになります。

消費を徹底的に下げればお金は必然と残ります。
会社の飲み会だったり、毎日自動販売機やコンビニで買っているものをやめたり、洋服を買ったり遊びに行くことをやめれば
とりあえず『お金がない』から解放されます。

まずは『消費を少なくする』ところから始めてみると良いと思います。

ただ、ほとんどの人は生活基準を上げたいハズなんです。要は贅沢したいんです。
多少生活基準を上げたり贅沢したぐらいじゃ家計には影響ないぐらいにお金を使いたいんですよね。

だったら収入上げるしか方法はありません。
今よりももっと稼ぐしか方法がないです。

今の会社員の給料では満足いかないのだったら副業を始めるか、もっと給料の良い会社へ転職するか、自分で起業してビジネスを始めるかしかありません。
アナタがどれぐらい稼げば満足いくのか。それによって選択すればいいのです。

今の給料よりも5万円10万円ぐらい上がればいいのであれば転職すればいいですし、20万30万増やしたいのであれば副業ブログでもいい。底知れぬ大金が欲しいというなら自分でビジネスすればいいです。

お金を手に入れる為にはまず行動が必要なので今すぐ行動に移しましょう。

既卒・第二新卒専用の就職活動サポート
まずは会員登録【ウズキャリ第二新卒】

photo credit: spcbrass via photopin cc
ブログで稼ぐって簡単?ブログで稼ぐことができるようになる心得。
photo credit: Fairytale via photopin (license)
iPhone1台で月30万円稼ぐ女性に話を聞いてきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です