タバコに厳しい国シンガポールのタバコ事情とタバコのせいでカツアゲされた話。

photo credit: Merlion via photopin (license)

こんにちは。どうもレオです。

 

シンガポールってタバコにすごく厳しい国だって知ってますか?

ボクは時代の流れに逆らって、アイコスなんて吸わずにいまだに喫煙者です。
以前、バリ島からシンガポールに行く際に、タバコを1カートン買って行こうと思ったら「シンガポール行きの人にはタバコは売れないよ」と言われました。

え?嘘でしょ?!
ボクは旅行の醍醐味として、知らない土地で吸うタバコを楽しみにしています。
それなのに買えないってナニ!!

ああだこうだ言っててもしょうがないので、事実を確かめる為に、タバコを買わずにシンガポールへ飛びました。

※バリ島からシンガポール行きの方はタバコのカートンが買えないのでお気をつけくださいませ。

 

https://petaso.jp/two-months-non-smoking

 

とにかく、それぐらいタバコに厳しい‎国がシンガポールなんですね。

ということで、今日はシンガポールのタバコ事情について少しお話しさせていただこうと思います。

では。

 

https://petaso.jp/singapore

 

 

シンガポールがタバコに厳しい理由

そもそもシンガポールはタバコだけに厳しいわけでなく、環境関連すべてにおいて取り締まりが厳しいのです。

 

シンガポールが厳しいことは、たぶんもう‎皆さんご存知かと思います。
特に有名なのが、ポイ捨てやツバを吐いたら罰金という徹底した環境保護政策になっています。

 

喫煙エリアも徹底的に決められており、屋根があるような場所、いわゆる室内では基本的に禁煙です。ごくたま〜に、喫煙所じゃない場所で吸っている方も見かけますが、あれ見つかったら即罰金です。

 

タバコ吸ってただろ?カツアゲ

実はボクもタバコを吸ってる所を見つかったことがあるんです。。。
でもそれがちょっとワケありでして。。。

 

初めてシンガポールに行った時の話なんですけど、その当時ルールを全然知らなくて道端で朝の一服をしていました。タバコ吸い終えてホテルに戻ろうとしたら、後ろからインド人系の男の人がバァーーって追いかけてきたんです。

実はタバコを吸っている最中に道路を挟んだ向こう側から、その人たち(5人ぐらい)から視線を感じてはいたんですが、大丈夫だろうと思っていた。

でも、タバコを消した瞬間に道路の向こう側から、ボクに向かって走ってきたので、最初は「やばい、強盗される?」なんて思ったのですが、違いました。
その男の人は、「私は政府の人だ。君さっきそこでタバコ吸ってたよね?」と言い、証拠の政府の証明書(顔写真付き)をポケットからサッと出して見せてきた。(なんか日本で警察手帳を見せてくるような感じです。)

 

その瞬間、心の中で

「うわ。なんかヤベーことになったな。」

「でも、なんか見た目が明らかに政府の人じゃないんだよなあ。さっきの証明みたいなやつもすげーハンドメイド感が出てたし」

「インド人で赤いTシャツ着てて、妙にマッチョで金のネックレス。」

「これはもしかして、観光客を狙ったカツアゲ・・・?」

このときボクは確信しました。

 

これは完全にカツアゲだ!

 

観光客を狙ったカツアゲには侍魂を見せつけましょう

なぜでしょうか。この時のボクはカツアゲだと確信した瞬間、侍魂が湧き出てきてしまったんです。

ぜってぇ負けねぇ!という心意気である行動をとった。
その行動とは・・・

 

英語が全くわからないフリをして、日本語で攻めまくる!
えぇ、困った時は母国語を連発すればいいんです。
スモーキングとかマニーマニーとか言われても、ひたすら「嘘バレバレだから、笑わせんな、こっちは侍だぞ」って言ってやるんです。

 

そしたら案の定、カツアゲだったらしく、彼はめんどくさくなって帰って行きました。

よし、勝った。。。

でも確かに綺麗な街で、喫煙所ではない場所で吸ったボクが悪いです。
でも、それを彼らのような悪い人たちに罪を償う必要なんてどこにもないです。

それにしても愛煙家としてはとても住みづらい国ですね。。。

 

 

タバコをシンガポールに持ち込むと税金がかかる

愛煙家にとって海外旅行の楽しみというと、タバコのカートンが免税で買えることではないでしょうか。それを楽しみにしている方は多いと思います。

 

ところが、シンガポールにタバコを持っていくとタバコ1本づつに税金が課せられます。
ですから、免税で安く買ったぜ!いえーい!とルンルンで行っても、シンガポール入国の際に税金が課せられて、結局高くついてしまうことになります。

 

課税額の目安としては、タバコ1箱8シンガポールドルぐらいです。なので、1カートン買ってけば80シンガポールドルもかかるんです。

 

単純に100円で計算したら8000円近くかかるんですよね。
税金分で3カートン買えるやん!ちゅう話になるわけです。

 

シンガポール政府が許可していないタバコを吸うと罰金

シンガポールで喫煙してのいいタバコには決まりがあります。シンガポール政府が許可したタバコに刻印がしてあるタバコのみ吸ってもいいことになっています。

 

シンガポール内で売られていないタバコを吸っていた場合、税金チェックで声をかけられることもあるそうです。
では税金払って持ってきた日本のタバコはどうなるの?と言うと、それは税金を払った証明書があれば問題ありません。ですから、税関で払った証明書は必ず常に持っておくようにしましょう。
たまに無申告で持ち込もうとする人もいるみたいですが、バレた時は大変なことになりますので気をつけましょう。

愛煙家には厳しい国ですが、くれぐれも気をつけましょう。

 

シンガポールのタバコは値段が高い

そんなに税金がかかるんだったら、現地調達でいいか‎。
そう思った方もいるかもしれません。

 

ところが、シンガポールではタバコが激高です。
タバコ1箱10シンガポールドルぐらいします。
10という数字に金銭感覚が狂ってしまいそうですが、日本円で1,000円ぐらいするということです。

持ち込みしようが、現地で買おうが、あまり値段的には変わらないということになります。
ですから、ボク的にオススメなのは持ち込みして税金払う方かなと思います。

 

https://petaso.jp/singapore-impressions

 

 

最後に

シンガポールは愛煙家にとっては厳しい国ではありますが、そのぶん街は綺麗だし、歩きタバコをする人はいないので、人の吐いた煙を顔面に喰らうなんてことはありません。

とってもクリーンな国なので‎、愛煙家ももしかしたら禁煙出来るかもしれないですよー。

 

ということで締めがおかしくなりましたが、この辺で終わりにしたいと思います。

では。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です