シンガポール旅行前におすすめ!シンガポールの魅力を徹底解説!

こんにちは。一年に2回はシンガポールへ旅行に行っている、どうもレオです。

 

今回はシンガポールに日帰りで行ってきたので、シンガポールの魅力でもお伝えしていこうと思います。

 

え?ちょっと待って・・・日帰り?!と思ったあなた!

知らない方も多いと思うので、先に言っておきますが、ボクは現在バリ島に移住しております。じつはバリ島からシンガポールってかなり近くて、2時間ちょっとで行けちゃうんですよ。もちろんお値段もお安めなので、バリ島に来た際はシンガポールへの寄り道もオススメですよ!

 

さて、実を言うと、シンガポールへ旅行に行くのはこれで4回目です。
一回目に行ったときは小学校の時で、その時の思い出と言えばシンガポールの独特な匂いにやられてマーライオンの近くの橋で、マーライオンした覚えしかないんですよ。(お食事中の方、ごめんなさい)

いやぁ、今思うと罰金にならなくてよかったなぁと思います。

https://petaso.jp/singapore-cigarettes

 

そんでもって今日は、シンガポールへ何度も行ってるのなら、その国の魅力を発見しようと思ってこの記事を書きましたので、よかったら最後まで読んでいってください。

では。

 

https://petaso.jp/singapore-impressions

 

シンガポールの魅力は渋滞がないこと?!シンガポールが取った対策

シンガポール旅行

photo credit: MashrikFaiyaz Red Signal via photopin (license)

 

東南アジアと言えば渋滞。ジャカルタやベトナムとか渋滞と言えば!な国が多いです。
バリもなかなかヤバい。。。
なんでこんな小さい国でこんなに自動車がギュウギュウ詰めに走ってんのよ?って思う国がアジアには多いと思います。

 

これはなんでかって言うと理由は色々あるんですが、主に中古車が出回って安く購入出来たり、高度経済成長により一人一人の賃金が高くなってきており、自動車を手に入れやすくなっているからです。

 

ただ、そんな渋滞ばかりの東南アジアとは裏腹にシンガポールでは渋滞を起こさないよう対策を色々とっているそうです。

 

シンガポールの自動車税はクソ高い!

例えば、車を持つ権利を何百万円という額で買わなければならないそうです。なんかテレビでも見たことがあるんですが、シンガポールで自動車を購入する際、税金が100%かかるようですね。

 

ですから、フェラーリになんてシンガポールで買おうと思ったら倍の値段ってことになります。ぼくの欲しいレンジローバーもシンガポールだったら3000万ぐらいかかるっていうことか。。。←買わないけど

 

もう一つ。公共機関の価格を低く設定することで、車を必要と感じさせないようにする対策もあるみたいです。
確かにシンガポールへ行くとわかりますが、電車やバスは他の物価に比べると運賃はやたら安いです。

 

シンガポールでの国内歳出

シンガポール魅力

 

シンガポールでの国内歳出は軍事費と教育費が半分を占めているようです。

 

意外と知られておりませんが、シンガポールって徴兵制度があるんですよ。
なのでシンガポールの男性はムキムキの軍人がゴロゴロいます。

 

また、シンガポールは教育がとても良いという評判があります。
学歴社会のシンガポールでは勉強がすべて。

これは豆知識ですが、シンガポールの子供たちはどこの国よりもメガネ率が高いんです。
やっぱり勉強のしすぎで目が悪くなってしまうんですね。。。

 

んで、じゃあシンガポールでは年金をどうしているのか?
シンガポールでは自分の収入の何%かを、高齢になるまで引き出せない口座に積み立てる制度を国が設けているそうです。

 

日本では働いているものが高齢者を支えているために、少子高齢化影響をもろに受けてますが、シンガポールでは、自分の収入がそのまま自分の老後の生活に繋がるといった感じなんですね。

 

日本みたいに、年金払ったって自分が老後のときにはもらえない、なんて心配がないのです。
それに!その積み立てたお金で家を買ったり出来るそうです!
最高にいい制度です。。。羨ましいですね。

 

いっそのことシンガポール移住してしまいたい。

 

シンガポール旅行に人気のホテル!マリーナベイサンズホテルとは?

マリーナベイサンズ

photo credit: Str1ke Marina Bay Sands via photopin (license)

 

こちらの写真はみなさんもご存知の。そう、マリーナベイサンズホテルです。

 

マリーナベイサンズとは5つ星レストランやカジノ、ショッピングモール、世界でベスト10にランクインする屋上プールなどがある一つのテーマパークみたいな所です。

 

https://petaso.jp/singapore-wakughin

 

以前、ソフトバンクのCM(コマーシャル)でSMAPが撮影した場所ということで、日本では一躍有名なった超高級ホテルですね。いま一番泊まりたいホテルなどにもランクインするほど有名なホテルです。

 

このホテルの特徴はやはり3つの建物の上に船の形をしたプールが乗っかっている斬新なデザインです。

 

マリーナベイサンズホテル

photo credit: Eustaquio Santimano Ce La Vie via photopin (license)

 

いやぁ〜一度は泊まってみたいですね。

 

シンガポールでは建物自体が観光名所?建物が至る方向に向いている

シンガポールに行くとわかるんですが、シンガポールに到着してホテルへ向かっている途中に景色を眺めていると、まず思うのが、建物の向きバラバラじゃね?!ってこと。

 

シンガポール旅行

photo credit: Stuck in Customs Singapore From Across The Pond via photopin (license)

 

シンガポールでは風水が強く信じられていて、それに従って建物の方向を決めているらしく、建物が至る方向に向いています。だからシンガポールでは建物の向きがめちゃくちゃになってしまったようです。

 

でも逆にその感じがまた、近未来的な新しさを生み出しているんだと思います。

 

もう一つ、風水が信じられているエピソードとして、マーライオンの近くにある観覧車は、全く収益が良くなかったのですが、風水によって周り方を逆回りに変えたら収益が伸びたらしいです。風水のおかげかは知りませんが。笑

 

意外に緑の多いシンガポール

シンガポールでは、国民の85%が公団に住むと言われるほど、たくさんの公団が並んでいます。さらに、多くの高層ビルもあります。

 

しかし、同時に緑がとても多い国でもあるんです。
至る所に木が植わっていて、歩いていても空気が綺麗な気がしてとても気持ちが良いです。
都市化を進めながらも緑を増やしていくという、一見、対立しがちな条件ですが、それを兼ね備えるシンガポールはすごいなぁと思います。

 

https://petaso.jp/singapore-1week-trip

 

まとめ

いや〜今回たくさん勉強したことで、今度行ったときにはシンガポールの方針をヒシヒシと感じとることができるでしょう。

 

でも、シンガポールってほんとに綺麗で驚かされるんですよね。
ほんとゴミ一つ落ちてないです。
あ、でも、年越しのシンガポールはゴミが散乱し放題なんて話も聞いたことがあります。笑
これは年末年始に是非チェックしに行く価値ありますよ!笑

 

まぁとにかく今のシンガポールはすごいバブリーなので、日本では味わえなかったバブル時代にタイムスリップしたいならシンガポール旅行は超オススメです。
また、シンガポールへ行ったら色々載せますね。それでは!

 

PS. シンガポールはWi-Fiが全然ないので、Wi-Fiレンタルが必須です!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です