プログラミング初心者が独学でJava言語の勉強を始めました。

プログラミング java

こんにちは。南国で悠々と暮らしているどうもレオです。

 

えぇーっと僕は以前からブログでプログラミングの勉強をするからとちょいちょい言い放っていたんですが、そろそろ本格的に始めたわけなんです。

 

https://petaso.jp/start-programming

 

https://petaso.jp/programming

 

プログラミングを勉強するにも色々と準備することがあって、海外にいる僕としては準備の時間がちょっとかかっちゃったかなと思ってます。

 

まぁこうして遂に僕もプログラミングをやり始めたのでみなさんの前で一応公表しておこうかな←(挫折しないように)と思って今日は筆を取りました。

 

まぁ僕の自己満足の記事にはなりますが、聞いていただけたら幸いです。

 

なぜプログラミングを勉強するのか?

そもそもなんでプログラミングを勉強したいと思ったかって言うと、単純に出来たらカッコイイなって思ったからです。
ひと昔前までは、プログラミングが出来ても何もかっこよくないし、むしろ変態オタク的な目で見られるようなこともあったんじゃないかと思います。←昔からやっているプログラマーにだいぶ失礼。

 

んでまぁ、カッコイイなと思っていてもなかなか実行に移せてなかったんですね。
ですが先日、元ライブドアの社長、堀江さんとペパボ創業者の家入さんの本を読んだときに、無性にプログラミングがしたくなってしまったんですよ。←単純

 

堀江さんと家入さんの著書はプログラミングのことについて書いてある部分も多く、また、お二人が成功したのはプログラミングが出来たからっていう点が、僕にプログラミング熱を与えてしまったってわけです。

 

 

子供が戦隊ものにハマって僕は黄レンジャーになるんだ!って言ってるのと同じなんですが、まぁこんな単純な理由でプログラミングの勉強を始めたわけです。

 

 

プログラミングをするにあたって選んだ言語はJava言語

んで、僕がプログラミングの勉強をするにあたって、選んだプログラミング言語はJavaというやつです。

 

なんでJava言語なのかと言うと、Java言語の使い幅が広いしアンドロイドのアプリなんかも開発できるからです。じつはもう今からワクワクしているんですが、Java言語を一通り覚えたら作りたいアプリがあるんです。

 

まぁまだワクワクするのも早すぎるんだっちゅう話ですが、作りたいアプリが作れるようになるまでは諦めずに勉強に励もうかななんて思っています。

 

また、いつかはRuby on Railsというフレームワークの言語やiPhoneアプリが開発できるSwiftなんかも勉強したいなとかも考えてます。


Java言語の勉強をするにあたって準備したもの

今回僕がJava言語の勉強にするにあたって準備したものは下記の5です。

 

  • Macbook Air
  • スッキリわかるJava 入門編
  • スッキリわかるJava 実践編

MacbookAir

いつかアンドロイドアプリを開発したいと思ったときでも、便利なことにMacでも開発が出来るため、今現在ぼくの使用しているMacbookAirにJDKやプログラミングに必要なものをインストールして開発環境を整えました。

また、やっぱりMacとかでプログラミングとかしてたらカッコイイという単純な理由でMacです。←見栄の塊

 

ただ、キーボードに日本語が付いていてダサいし、何しろコードを打つとき見にくいのが難点。。。

 

スッキリわかるJava 入門編

 

プログラミングを勉強する際に、やっぱり欠かせないのが参考書じゃないでしょうか。

 

プログラミング 勉強

 

プログラミングを勉強し始める前は

参考書なんかなくてもネットで調べればいらないんじゃね?』とか

今ではネット上で学習出来る環境なんかもあるので参考書いらなくね?
なんて思ったりもしたんですが、実際に勉強し始めて参考書は絶対に必要だと感じました。

 

と言うのも、参考書があればしっかり手順を踏んで学習出来るし、大体のことは参考書に書いてあります。もし、参考書がなければ結局、調べたりして時間が大幅にロスします。

 

もし参考書でわからない部分があれば、そこはネットに頼るって形にした方が、効率良くプログラミングの学習ができるんじゃないかなと思いました。

 

んで、参考書もいろいろあってどれを買えばいいのかがわからないんですが、ぼくが今回購入した参考書は『スッキリわかるJava入門 第2版 (スッキリシリーズ)』というやつです。

 

 

Amazonのレビューがとても良くて、「この参考書が今までで一番良い参考書!」だとか、「この参考書があれば間違いなく覚えられる」というようなことが山ほど書いてあったので、先人たちを信じて購入した次第です。

 

実際に手にしてざーっと流し読みしてみたんですが、なんとなくイケそう!という感覚がありました。

今はまだ2章に突入した段階なので判断するには早いかもしれませんが、これはめっちゃ良い参考書に巡り合ってしまったなという感じです。

 

スッキリわかるJava 実践編

もう一つの参考書に選んだのも『スッキリわかる Java入門 実践編 第2版 (スッキリシリーズ)』というやつです。

 

これは先ほどの入門編を読み終えた後に続いているんですが、やっぱり入門と実践は同じ参考書が良いなと思ったので購入しました。

 

 

 

こちらはもちろん入門編が終わってから読もうと思っているので、まだ開いてすらいません。
また、このスッキリわかるシリーズは入門編と実践編だけではなく、実践編の後にもまだ続きがあるんです。

 

このスッキリシリーズをすべてやりきったら、とんでもないプログラマーになれそうなので、本気でプログラマーを目指している方にはベストな参考書だと思います。

 

まぁ僕はとりあえず実践編までをやり終えてから考えようと思います。

 

これからの目標

とりあえず、もうここまで準備とかやってしまったので、後はもう学習あるのみだなといった感じです。

 

これからの目標としては先ほども言いましたが、アンドロイドのアプリを作ることです。
どんなものが作りたいってのもある程度イメージ出来ているので、とりあえず今は参考書に書いてあることを打ちながら覚えて身にしていければいいなーと思います。

 

また、プログラミングの学習関係のこともこのブログで書けたらいいなーなんて思っています。

 

最後に

今回は僕の自己満足記事になってしまいましたがいかがでしたでしょうか?

まぁ、やれるもんならやってみろぐらいの感じで見守ってくれたら幸いです。

 

プログラミングは、これからの時代を生き抜く必須項目とも言われている世の中ですので、皆さんも興味がありましたら僕と一緒に勉強しませんか〜?
ということで今日はこの辺で終わりにしたいと思います。

では。

 

※追記

プログラミングを独学で勉強してみて分かったことですが、独学はとにかく効率が悪いです。
周りにプログラミングが出来る人が近くにいればいいですが、そうでない人はなるべく独学は避けたほうがいいでしょう。

独学で勉強しても結局、挫折したり、途中でプログラミングスクールに通うことになるかと思います。それだったら時間がもったいないので、初めからプログラミングスクールに通ったほうが100倍いいです。

僕がおすすめするスクールは、自宅からでもプログラミングをマスターできるTechAcademy [テックアカデミー]
というところ。

プログラミング界では超有名なスクールなので、安心してプログラミングを習得することができます。
iPhoneアプリコースなんかもあるので、アプリ開発して収益を得たいと思っている方は、一度見てみるといいです。

オンラインブートキャンプ iPhoneアプリコース

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です