僕が22歳で海外移住を決断した理由と当時のキモチ

シェアしていただけたら嬉しいです!

スポンサーリンク
海外移住

こんにちは。海外に移住してから5年が経ちました。
どうもレオです。

みなさんが想像する海外移住ってどんな感じですか?
たぶんコレを見ている人たちは、海外移住の経験がない人達かと思います。
海外移住する人ってまだまだ珍しいと思います。

海外移住って勇気のいることですか?

今日は22歳にして海外移住を決断した理由について、語っていこうと思います。
私ごとにはなりますが、こんな奴もいるんだなーという軽い感じで見ていただければ幸いです。

スポンサーリンク

海外移住を決断した理由は、○○を変えたかったから

まず結論から言いますと、ボクが海外へ移住しようと決断した大きな理由は、「ダメな自分を変えたかったから」です。

海外へ移住しようと決断したときのボクはまだ22歳でした。
22歳というと普通はまだ大学生です。
もちろんボクの周り友人たちは大学に通って、就職活動の為に頑張っている時期でもありました。

でもボクは、高校を卒業してから、大学への進学は選ばずにアルバイトという道を選択しました。高校もロクに通えていなかったし、どちらかと言うと貧乏な家庭だった為、大学なんてのは自分の中ではあり得ないことでした。

当時の気持ちを思い出すと、本当は大学に行きたかったと思います。
それでも、大学の学費も払えないし、必然とアルバイトという道を選んでいたのが本音です。

大学に通っていたら海外移住はしていなかっただろう。

今になったから言えることなんですが、大学進学という道を選んでいたら、間違いなく今とは違った人生を歩んでいると思います。

大学は色々な人たちが交流できる場でもありますし、とにかく人との繋がりが広くなります。
そういうことが当然のことのように毎日起こるのですから、間違いなく色々なことに刺激を受け、興味だったり趣味だったり感性というのが、今とは違った形で形成されていると思います。

今でも思うことがあります。
大学に通っていたらどうなってたのかな?って。
でも、不思議と後悔はしていないんですよね。

20代で海外移住した僕が今思うこと。
こんにちは。どうもレオです。 たぶん僕と同い年で海外移住してる人って少ないと思います。ちなみに僕は22歳で海外移住をしました。 ...

ダメな自分とは?

22歳のときにダメな自分を変えたいという理由で海外移住を決断したのですが、何がダメだったんでしょうか。

その当時のボクというと

  • 何をやっても続かない
  • 朝は起きれない
  • バイトは遅刻する
  • パチンコ・スロット・競馬とにかくギャンブルが好き
  • 夢も希望もない

本当に今思えば、何も考えずに自分の都合だけで生きてきた人間だと思います。
一言で言えば「クソ人間」です。周りからも「アイツは人生終わったな。」ぐらいに思われていたと思います。

ボクの考え方が変わったキッカケ

いつからだろうか。ボクが危機感を感じたのは。
たぶん周りの友人たちが就職先が決まっていく時期だったと思う。
友人たちは大手企業や東証一部の会社に決まったとかイチイチ報告をしてくる。
お前もいい加減、頑張らないと本当にヤバいぞ?」と言われた記憶が、今も鮮明に頭の中に残っている。

この一言に、正直ボクはカチンときた。
確かにヤバいことは分かっている。でも同年代の人に上から目線で言われたことに凄くムカついた。
それでもボクは何も言い返すことができなかった。だって、友人が言っていることは何も間違っていなかったからだ。

確かその頃からだと思う、ボクが今後どのような人生を歩んでいきたいのかを考えるようになったのは。

このままオレは何も成し遂げずに死んでいくのか?

今が楽しければそれでいいのか?

今の生活で満足か?

将来年金だってもらえるかわかりやしない、親父になってもアルバイトなのか?

こんな不安ばかりが募ってきました。

日本にいることがダメなんだと自分を奮い立たせた

このままじゃダメだ。自分を変えなくては。
なんだか急に大きな不安に襲われた感覚は今でも覚えています。
ボクはまず、自分を変えようと思った。
この甘い性格や生活習慣、すべてを変えなくてはダメだと思った。
自分自身を変えるために、一番に思い立ったのが日本から出ることだった

日本にはあまりにも誘惑が多かった。
友人との交流、ギャンブル、親という保険、楽な生活、当時のボクにとってこれらは全てマイナスだった。誘惑に弱い性格の持ち主のボクにとって、いくら自分を変えようと思っていても身近に誘惑があったら間違いなく誘惑に負ける。

バカながらにもこういうことは、自分でもよく分かっていたみたいだ。
偉いぞ過去の自分。

それからの生活はガラリと変わった。
日本から出ることだけを日々考えて、計画を練った。
バイト代も海外へ移住するためにコツコツ貯めた。
俺は日本に止まるような人間じゃない」と毎日奮い立たせた。

現実から目を背けたかっただけなのかもしれない

当時のことを思い出すと、少しだけ思うことがある。
あの当時、本当に自分を変えるためだけに日本を飛び出したのか?と。

恐らく、これは俗にいう潜在意識と顕在意識の違いだ。

・顕在意識(表面意識)とは?

私達が普段、意識することのできる意識のことで、論理的な思考・理性・知性・意思・決断力を指します。決意したり判断したり選択する心の領域でもあり、望ましいこと望ましくないことを識別する能力を持っており、また悩んだり不安になったりという願望を持ったりします。

「買い物へ行こう」などと自分の意思で決意した場合、それは顕在意識で決意したことになります。顕在意識には、自分の力を引き出す大きな力は秘められていませんが、社会生活を安定して送る為には必要な意識です。

・潜在意識(無意識)とは?

私達が普段意識することのできない意識のことで、感情・感覚・直感・記憶・想像力の事です。過去における考えや心構え、欲望のいわば大きな貯蔵庫であり、毎日の生活の中で読んだこと、聴いたこと、観察したこと、受けた印象、考えたことが貯蔵されています。

出典: http://www.infact1.co.jp/staff_blog/webmarketing/blog-use/26968/ 

たぶん、顕在意識で自分を変えたいという決断をしたが、潜在意識では、本当は現実から目を背けたかっただけなんだと思った。
いわゆる、現実逃避をしたかっただけに過ぎなかったのだ。

周りのことなんか考えず、ただ突っ走ってきた

友人・親・バイト先の人など、色々な人から海外移住することをかなり反対されました。

「今さら海外に行って何するの?」
「大丈夫なの?」
「ホームシックになって帰ってきた頃には居場所や就職先がないぞ?」

そんな脅しばかり言われた。

残念ながら日本という国は、グローバル化グローバル化と叫んでいるのにも関わらず、国民には一切浸透していないみたいだ。

せいぜい留学がいいとこだろう。
高校や大学の時にだけ海外留学をして、社会人になってその留学経験を生かして働くというのは、安易は考えだとボクは思う。

ボクの経験から言うとちょっと留学しただけじゃ、何も変わらない。
まぁここではそのことについては割愛しますが、今さら何をもがいているんだという周りの意見なんか気にせず、ただ変わってやるという思いで突っ走ってきました。

海外移住は勇気のいること?

これから海外移住をしたいと思っている方や、ボクと同じような境遇にいて、人生に迷っている人の為にも言っておきます。
海外移住には一歩踏み出す勇気さえあれば誰にでも出来ます。
勇気というよりは気合。気合。気合。です。

確かに海外へ移住するということは、今ある日本の生活をすべて捨てることにもなります。
でも、リセットして1からすべてやり直すのも気持ちがいいものです。

知らない土地、知らない家、知らない友達、毎日が新鮮です。
海外移住は間違いなく自分自身の成長へ繋がります。

別に、どうしても辛くなったら日本に帰ればいいだけです。
日本人なんですから日本に帰国することは簡単です。
帰ろうと思えばいつでも帰れるんです。
やるかやらないかです。

人生の転機は自分で作るもの!僕が南国に住む理由。
こんにちは。どうもレオ@petasojpです。 しょっぱなタイトルから名言を吐き出した僕ですが、堂々とカッコいいことを言える立場ではないこ...

最後に

長くなってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございます。
なんだか書いていて少し熱くなってしまいました。

でも、ボクにとって海外移住とは、今の生活のすべてです。
海外へ移住したことで今のボクがいると思っています。

海外移住を決断していなかったら、今頃、ブログもやっていなかっただろうし、恐らくただのサラリーマンになっていたと思います。

この記事が少しでも誰かの後押しになってくれたら嬉しいな。

それでは、この辺で終わりにしたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLEOLOGの中の人をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアしていただけたら嬉しいです!

フォローする

よく読まれている関連記事はこちら
ブログの中の人

LEOLOG | レオログの管理人レオです。
南国が大好きな海外ブロガー。現在は南の島に移住して波乗りなどを楽しんでいます。いつかはハワイに住みたい!

旅と波乗りとブログが好きなのでその3つで何かビジネスをしようと日々試行錯誤中です!

ブログは適当に好きなことを書いてます。
ブログ飯じゃなくてブログ旅を目指して頑張ります!
どうぞよろしくお願いします。

こちらも気軽にフォローしてくださいね↓↓

follow us in feedly

Facebook like box