信用を稼ぐ時代と言われる今、大事なのは言葉なのかもしれない。『金持ちよりも人持ち友持ち』

こんにちは。どうもレオ(@petasojp)です。

今日のテーマは言葉

言葉ってすごく大事なツールです。
今後は益々言葉というものが重要になってくる時代が到来することになります。
言葉はコミュニケーションで使われたり、言葉そのものが人を動かす力を持っています。

世の中には色々な言葉がありますが、その時の環境だったり、状況に変化して、自分の中でタイムリーな言葉があったりすると救われたり、勇気づけられたりしますよね。

今日は僕が10代の頃にすごく自分の心に響いた言葉を一つご紹介したいと思います。

『金持ちよりも人持ち友持ち』

皆さん、この言葉を聞いたことはありますか?
僕は10代の頃にこの言葉に出会って、すごく勇気づけられたことを今でも覚えています。
この言葉にはストーリーがあって、その話を少しだけさせていただきたいと思います。

 

祖母の家に行くといつも飾ってある言葉。

金持ちよりも人持ち友持ち

この素敵な言葉は僕の祖母の家で初めて知った言葉です。

僕の祖母は本当に尊敬できる人で、昔は夫婦で会社を経営しており、バリバリ働く祖母でした。すごく頼りになる存在で、家族の中でも大黒柱という名にふさわしい人です。

 

ところがある日、その祖母が経営していた会社が倒産してしまいました。
倒産理由は支払いが遅れる。と言った祖父の一言でした。
別にすぐに支払い出来る余裕があったのだけど、その噂がすぐに広まってしまい、銀行が差し押さえに来たそうです。

当時、僕は小学生だったのでその状況が全くわからなかったのですが、家族全体が慌ててる姿を見てなんか大変なことが起きてるなと子供ながらにひしひしと感じていました。

それから大人になって、僕は祖母にその当時のことを聞きました。
祖母は大変だったわよーなんて笑い飛ばしていましたが絶対に笑えないことだったと思うし、凄く悔しい思いもしたかと思います。

そんな苦労話をたくさん聞いて、その中でもグッときた話がありました。

それは、隠しておいた貯金で子供の借金をすべて返済したり、取引先に支払いをすべて済ませ、雇っていた従業員たち全員に、ごめんね、悪かったね。と貯金やパソコンなど自分の財産をすべて渡したそうです。自分には一円も残らなかったよーなんて笑い飛ばしてたけど、それ聞いてやっぱりこの人すごいなって思いました。

だからこそ、祖母の家に飾ってある『金持ちよりも人持ち友持ち』という言葉には重みがあります。

もし自分だったら、自分の生活がかかっているときに、人のことなんて気にしていられないと思います。

お金よりも信用を稼げと言われる今

今キングコングの西野さんを筆頭に色々なところで「信用を稼ぐ時代」と言われております。
信用を稼ぐことでお金は後から付いてくる。いや、信用さえあればいつだってお金を集めることが出来るし、生きていく為のものは揃ってしまう。

 

 

確かにそう思う。
現に信用のある人はクラウドファンディングですぐにお金を集めてしまいます
逆に「信用の無い人はお金も集められない」。

ますます個の時代が進む中で人と人が信用で成り立っていくと思うと「信用される人間にならなければならない」のです。

金持ちよりも人持ち友持ち

この言葉は信用を稼ぐ時代とマッチしている気がします。

最後に

いかがでしたでしょうか?

僕も祖母のような強い人間になれるよう、この言葉を胸に頑張っていこうと思いました。
ほとんど僕の祖母の自慢の話になってしまいましたが、今日はこの辺で終わりにしたいと思います。

 

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です