中国人とビジネスをすると言い訳ばかり。その理由とは!?

シェアしていただけたら嬉しいです!

スポンサーリンク

どうも。僕(@petasojp)です。
グローバルに仕事をするということは、その国の特性や弱点、その国の人たちの性格などを知っていないなとスムーズに事が進まない。なんてことがしばしばあります。

世界で仕事をしたときまず最初に引っかかる問題が、今まで日本で当たり前だと思っていたことが通用しないこと。

日本と世界が違うのはごく普通で当たり前のことなんですが、やっぱり日本人として許せない部分が多いことも事実です。

今回は例として中国人がなぜ言い訳が多いのか?ってことについて書いてみたいと思います。

では。

スポンサーリンク

中国人は言い訳が多い

 
PAK52_ashibayanohito20140315500
今回のテーマでもありますが中国人は言い訳が多いこと多いこと。。。
何に対しても自分の非を認めない中国人

例えば遅刻をしたとしましょう。日本人なら素直に謝りますよね。わざわざ遅刻を言い訳するような見苦しいマネは日本人にはできないと思います。←(たまに言い訳する人もいますが。)

ところが中国人の方は90%の確率で言い訳をします。
道が混んでて遅くなったとか、電車が止まったとか。

理由は様々ですが、日本だったらもちろんそんな言い訳は通用しません。だってその分早く家を出れば遅刻なんてしないんですから。

日本では言い訳をするのは良くないことだとされていますが、中国やアメリカなど、世界では言い訳をすることがいけないことだという風潮はあまりありません。

言い訳をする理由

 
Green15_jyougi20141123165428500
そもそも日本人と中国人では言い訳に対する考え方が違うようです。

中国人に限らずアメリカ人とかもそうですが、物事に対して自分に負い目があっても言い訳するのには『議論する能力が備わっている』と彼らは考えているようです。

逆に中国人からみた日本人は、言い訳をしない日本人は『議論する能力が欠けている』と思っているようです。

このことから中国人は言い訳することがむしろ良いことだと思っています。まぁ、これが良いか悪いかは別にして考え方が根っから違うんです。

海外へ行くとわかりますが、とにかく外人は自己主張が強いです。日本人て外人に比べると自己主張の強い人が少ないですよね。

その差なのかもしれません。
なんていうか自己主張が強い人は自分をしっかり持っているので、言い訳をするのもわかるような気がします。

最後に

 
国が違えば人間性や考え方が全く違うのはしょうがないことです。

グローバルに仕事をしている人は結構頭を悩めることもあると思いますが、その国の特性を予め知っておけばこの人は考え方が違う人だからしょうがないと思えることもあります。

グローバルに仕事をするって大変難しいことです。
もし、これから海外で働く、もう働いているって人はまず相手の考え方を見抜くことから始めるといいかもしれません。

ということで今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

PS.
でもやっぱり日本人としては言い訳するような人間には信用をおけないですよね…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLEOLOGの中の人をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアしていただけたら嬉しいです!

フォローする

よく読まれている関連記事はこちら
ブログの中の人

LEOLOG | レオログの管理人レオです。
南国が大好きな海外ブロガー。現在は南の島に移住して波乗りなどを楽しんでいます。いつかはハワイに住みたい!

旅と波乗りとブログが好きなのでその3つで何かビジネスをしようと日々試行錯誤中です!

ブログは適当に好きなことを書いてます。
ブログ飯じゃなくてブログ旅を目指して頑張ります!
どうぞよろしくお願いします。

こちらも気軽にフォローしてくださいね↓↓

follow us in feedly

Facebook like box