「今を生きろ」はアナタの将来を不安にしていませんか?未来の人生を変えるために考え方を変えよう。

シェアしていただけたら嬉しいです!

スポンサーリンク
今を生きろ

みなさん、こんにちは。
どうもレオ(@petasojp)です。

この記事は人生に迷っている人、将来が不安な人、自分を変えたいと思っている方にぜひ読んでもらえたら嬉しいです。

自分の考えを真剣に書いてしまったので、少し怪しい文面になってしまいましたが、ご愛嬌ということで許してください。
では。

スポンサーリンク

潜在意識という魔物

僕は22歳のとき、人生について向き合う時間がありました。
当時は社会の荒波に揉まれて、自分を見失ったり、「今」というものに固執してたというか、「今」だけしか生きられていなかった。

「今がよければそれでいい」

自分では気付かなかったけど、そんな風に日々過ごしていたと思う。
たぶんみなさんの中にも、意識はしてなくとも「今がよければそれでいい」という感じで、毎日を過ごしているんではないでしょうか?

これは潜在意識のなかで考えていることなので、とても気付きにくいです。
でも、現代社会を生きている人たちは、ほとんどの方が「今がよければそれでいい」と日々過ごしていると思います。

「今を生きろ」は人生を不安やダメにしてしまうかも

22歳のある日、自分の時間が出来たときにふと思ったんです。

「このままだと、この先の人生もこのまま何も変わらないんじゃないか?」と。

こんな言葉があります。

「今を生きろ」

たぶんみなさんもご存知かと思いますが、ロング・ラブレター〜漂流教室〜で、窪塚洋介さんが声を大きくして叫んだシーンが思い浮かぶと思います。

この「今を生きろ」という言葉。
一歩間違えると人生をダメな方向へと導く可能性があります。

今を生きるのは、とてもいいことです。
むしろ、人間なんて言っちゃえば今しか生きられない。

ただ、「今を生きろ」という言葉の中には、過去に後悔しないよう未来に繋がる「今」という時間に全力を注げ。ということなんだと思います。

よくこんな会話があります。

Aさん 「おまえ将来どうするの?」
Bさん 「将来?そんなもん俺には関係ない!俺は今を生きるんだ!」
Aさん 「おふっ、おおおう」

このBさんは「今を生きる」という言葉を間違って解釈しています。
Bさんは、「今を生きる」を、未来のことなんか考えなくても今がよければいいと思っています。要は現状維持や現状満足しちゃっている感じですね。

こうなってしまうと、正直言って明るい未来は限りなく狭くなってきてしまいます。

未来の自分像を想像してみると良いかも

将来不安

photo credit: allistancil Alex via photopin (license)

僕は当時、先ほど出てきたBさんのように今がよければいいと普通に思っていました。

友達と遊びに行ったりギャンブルにハマッたり、毎日飲みに出かけたり。仕事なんかにも全くもって興味がなくて、適当に仕事をこなしてればいいやと思っていました。未来の自分を想像したことさえなかった。
夢なんて中学生ぐらいのときに諦めて、これから普通の人生かなあなんて軽く考えてもいました。

このブログをきっかけに自分と向き合う時間を取ってみてください

僕がこんな考えから180度変われたのは、自分と向き合う時間がたまたま取れたからだと思います。

僕が自分と向き合ったときに考えたことは、以下のようなこと。
良かったら参考にしてみてください。

  • いま自分は何のために生きているのだろう?
  • なんで毎日がこんなに平凡なんだろう?
  • 自分は人生で何か達成したいことはないのか?
  • 将来素敵な奥さんと暮らしたくないのか?
  • 一生このまま会社にこき使われて生きていくのか?
  • お金に縛られない生活をしたくないのか?
  • 自分を変えるために何をすればいいのか?
  • 自分を変えるためにいま出来ることはなんだろう?
  • 未来を変えるか?変えないのか?

もし、あのとき自分の未来について深く考えていなかったら、このブログもやっていないし、海外に移住することさえなかったはずです。そして、恐らく今も同じような考えで同じようなことをしていたと思います。

こんな言い方すると、怪しいセミナーの講師みたいですが、こんな僕でも未来を変えることができたんです。
ですから、人間的にもっと優れているみなさんなら、ちょっと考えて行動を変えるだけで、簡単に未来を変えることが出来ると思います。

まずは、ゆっくりと自分に向き合える時間を作ることが第一だと思います。

大事なのは、未来を変えるために今を全力で生きること。

みなさんが、もし今の自分に満足していないのなら、考え方や行動が間違っているのかもしれません。

もちろん、目標が見えた上で悔しいという思いから満足していないのなら問題ないのですが、そうでない場合は今一度、自分と向き合う時間を取ってください。

未来の自分を想像することで、「今」やらなければいけないことが見えてくるはずです。

そして、その考えに沿って大きく行動を起こした人だけが、未来の自分を大きく変えることが出来ると思います。

僕は、自分を変えたいと思った翌月には、海外へ移住していました。
そして、ブログ・スポーツ・勉強なども始めて、今までしてこなかった事を、一気に取り入れました。
そして、逆に今までやっていたことをすべて捨ててきました。

有名な経営コンサルタントでもある大前研一さんは、こんなことを言っています。

人間が変わる方法は3つしかない。

1つ目は時間配分を変えること。
2つ目は住む場所を変えること。
3つ目は付き合う人を変えること。

どれかひとつだけ選ぶとしたら、時間配分を変えることが最も効果的。

参照: リーダー達の名言集



僕はこれを思い切ってすべて行動に移しました。
この思い切った行動をしたから「今」があります。

この「今」は、未来を想像して過去の「今」を全力で生きたからに違いありません…。

最後に

いかがだったでしょうか?

もし、これを読んで確かになぁと共感していただけたら、ぜひ明日から何かを変えてみてください。
未来を変えられるのは自分しかいません!

ということで、この記事が少しでも誰かの心に届けば嬉しいです。

では、今日はこの辺で終わりにしたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLEOLOGの中の人をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアしていただけたら嬉しいです!

フォローする

よく読まれている関連記事はこちら
ブログの中の人

LEOLOG | レオログの管理人レオです。
南国が大好きな海外ブロガー。現在は南の島に移住して波乗りなどを楽しんでいます。いつかはハワイに住みたい!

旅と波乗りとブログが好きなのでその3つで何かビジネスをしようと日々試行錯誤中です!

ブログは適当に好きなことを書いてます。
ブログ飯じゃなくてブログ旅を目指して頑張ります!
どうぞよろしくお願いします。

こちらも気軽にフォローしてくださいね↓↓

follow us in feedly

Facebook like box