言語を覚えたいなら海外に行けば覚えられるのになぜ行かないの?って話。

シェアしていただけたら嬉しいです!

スポンサーリンク

こんにちは。どうもレオです。
先日、バリ島にて9ヶ国語も喋れる外国人に会いました。
街を歩いていたらいきなり日本語で喋ってきたのでビックリしました。

陽気な外国人で仲良く喋っていると彼はなんと9ヶ国語も喋れるのだそうです。

日本語もとても流暢でなんでそんなに上手いの?と聞いてみたら、日本に2年ぐらい住んでいたそうです。
また、『カトチャンペッ!』とか言って加藤茶さんの真似もしていました。

そして、日本語意外にスペイン語、英語、インドネシア語ジャワ語、バリ語、中国語、イタリア語、フランス語、韓国語が喋れるそうです。

なぜこんなにも言葉を覚えているの?聞くと、喋るのが好きでその国に言ったら必死に覚えるんだよと言ってました。

やっぱり、喋りたいという気持ちが言葉を覚える近道なんですね。

そこで、色んな国の言葉を喋る為のアドバイスももらいました。

ということで、今日はそんなお話をしようと思います。

スポンサーリンク

外国語を覚えるならその国に行くのが1番

よく日本人の方は英語が覚えたいと言って駅前の英会話教室なんかに通ったりする方も多いですね。

でも、それじゃいつまで経っても覚えられません。正直、英会話教室へ行くお金があるならアメリカにでも行ってネイティブの英語を常に使える環境に行ってしまったほうが早く覚えられます。

僕が出会った9ヶ国語喋れる外国人も行って覚えてしまうのが1番早いよって言ってました。

海外で生活することで僕もインドネシア語を覚えた

正直、僕はバリ島に行くまで全然インドネシア語のことなんて知りませんでした。つかバリ島の共用語がインドネシア語だったなんて行ってみて初めて知りました。

全く覚えたくもなかったインドネシア語を今ではほぼ喋れるようにまでなりました。

結局、海外へ言ってしまえば覚えたくない言語でも覚えられるっちゅうことです。

海外に実際に行って言語を使ってみないと通用するかが分からない

いくら英会話でしっかり勉強した。もう喋れるよと自信を持っていても実際に海外に行って使ってみないとその覚えた言語が通用するかは分かりません。

正直、英語を駅前留学で覚えて実際にアメリカに行ってみてください。恐らく、何言ってんだコイツ。であしらわれると思います。

言語の発音ってやっぱり生活してみないと分からないことが多いです。

2年ぐらい住んでみてやっと聞き取れるようになるし、こういう風に喋るんだってのが分かってきます。

最後に

 
言語を覚えたい〜って言って日本で嘆いている時間があるなら今すぐ海外に飛び出しちゃえばいいじゃないですか。

正直それぐらいの行動力が無いと覚えられるものも覚えられません。

そして行動に移せないと言うならそれはそこまで言語を覚える必要、覚えたい欲が無いと思います。

ですので、英語を覚えたいというなら今すぐアメリカに行っちゃえばいいんじゃないですか?という話でした〜。

では。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLEOLOGの中の人をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアしていただけたら嬉しいです!

フォローする

よく読まれている関連記事はこちら
ブログの中の人

LEOLOG | レオログの管理人レオです。
南国が大好きな海外ブロガー。現在は南の島に移住して波乗りなどを楽しんでいます。いつかはハワイに住みたい!

旅と波乗りとブログが好きなのでその3つで何かビジネスをしようと日々試行錯誤中です!

ブログは適当に好きなことを書いてます。
ブログ飯じゃなくてブログ旅を目指して頑張ります!
どうぞよろしくお願いします。

こちらも気軽にフォローしてくださいね↓↓

follow us in feedly

Facebook like box