iPad OS13.1にアップデートしたらiPad Proが想像以上にパソコンみたい!

ipadpro os13

今までiPadをちょっと扱いづらい端末だと思って敬遠していた皆さんに朗報です!

巷ではもうすでに湧き上がってますが、9月25日に日本でも最新iPad OSがリリースされました。以前まではiOSで、iPhoneと同じOSでしたが今回のアップデートではiPadオリジナルのOSとなりました。

これはかなり革新的なアップデートでiPadがより使いやすくなっています。

もうiPad Proさえあればパソコンいらず

今回のアップデートを待ち兼ねていた人も多いと思います。
ボクもその1人です。

iPad OS13.1にアップデートする前までは完成度は高いが何か足りない、痒いところに手が微妙に届かないといった具合だったのですが、今回のアップデートその悩みも一気に改善され、もうiPad1台あれば仕事のほとんどをクリアできる程に進化しました。

では実際に何がどう変わったのかを見ていきましょう。

待望のiPad Proでマウスを使用

iPad OS13.1からはなんとiPadでもBluetoothマウスの使用が可能になりました。

iPad画面上にマウスポインターが表示されているのが分かると思います。
※なんかスクショするとポインターが写らなかったので、スマホで撮っています。

アップデート後、すぐにマウスの設定をしたのですがMicrosoftのBluetoothマウスでも問題なくペアリングができて使用することができました。

実際に触ってみた感想ですが、マウスを使ってアプリを起動したりクリックしたり、スクロールできたりするのがすごく違和感というか今まで出来なかったことが出来ているのですごく感動しました。

ただ、パソコンだとマウスを右クリックして行う操作が多いと思うんですが、iPadだと右クリックをしても思った操作が出来ませんでした。
例えばですがパソコンだと文章を選択して右クリックしてコピーすると思うんですがiPadではアクションボタンが起動します。
まぁcmd+Cで大丈夫なんですが、まだ慣れません。

あと文章をコピーする時もマウスでカーソルを合わせてクリックしながら動かせば範囲を選択できるのかなあと思ったんですが、それは出来ませんでした。

iPadではカーソルを選択範囲の先頭に持ってきて、選択ボタンを押下後ドラッグで選択範囲を指定できるようになっています。

また、動作がカクツク時があります。
なのでまだ完成というよりは改善余地があるといった感じです。

ファイル操作管理もiPadで可能に

今までパソコンからデータを引っ張ってきたりしても認識しなかったり、zipファイルが解凍出来なかったりしましたが今回のiPad OSではそういった点も改善されています。

zipファイルも解凍が可能ですし、圧縮も可能となっています。
なので普段仕事で使っているHDDをiPadに繋げても閲覧編集が可能というわけです。

ボクの中でこれが1番期待していたアップデートかなと思っています。
ハードディスクを認識できるなら仕事でも問題なく使用できるレベルだと思います。

同アプリのスプリットビュー

iPad OS 13.1から同アプリのスプリットビューが可能になりました。
メモアプリを2画面同時で立ち上げたり、Safariを2画面同時に立ち上げることが可能です。

会議でメモした内容を更に整理したい時でも、片方で会議のメモを見ながら新しくメモを取ることが可能です。

最後に

AppleのiPad CMを見たことがある方はご存知だと思いますが、そのCMで子供がiPadを持ちながら親に向かって『What’s PC ?』って言ってるシーンがあるんですが、そのうち本当に『What’s PC ?』って言う子供が出てくるんじゃないかと感じました。

iPad Proは今まで購入したガジェットで1番満足できると言っても過言ではないほど完成度の高いものとなっています。

個人的にはAdobe系のアプリがパソコンと同じように扱えるようになったら本格的にパソコンが必要無くなるかなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です