バリ島は不法労働が多い!?バリ島での労働ビザについて。

photo credit: IMG_2510 via photopin (license)

photo credit: IMG_2510 via photopin (license)

インドネシアの大統領が変わってからインドネシアのシステムが目まぐるしく変わってきています。

 

なんだか、国民も混乱するほどに変わっていて空回りしているようにも思えますが、着実に成長してきているインドネシア。今回僕に飛び込んで来たニュースはインドネシアにおける労働査証の条件が厳しくなるというもの。

 

僕も住んでいてわかりますがバリ島では不法労働の外国人が多いこと多いこと。‎案外バリ島では金さえあればなんとかなってしまうのが現実。不法労働で捕まっても金を握らせたら黙る警官もいるのは紛れもない事実だから今までの取り締まりは緩かったのです。

 

ただ、今回からはそうもいかない模様です。
不法労働は犯罪ですから早く取り締まっていただきましょう。

 

https://petaso.jp/bali-visa-free

労働査証KITAS

もちろんこの労働査証が無ければ如何なる理由があれど働く事は禁じられております。
でも、在住外国人の半分以上はこの労働査証を持たずにビジネスしている人がいます。‎ということで、そういった不法労働者を追放しようという動きが始まったのです。

 

高卒以下は労働査証持ちでも最長6ヶ月まで

今までこんな条件は全くありませんでした。
労働ビザを取れば長期で滞在し、仕事をすることが可能でした。そもそも今までの労働ビザは書類上大卒のみだったような気が…。

 

今回のこの高卒以下は最長6ヶ月までってことは大卒じゃなくても関係無くなったのかな?
まぁ兎に角、高卒以下の人は期限に気をつけてくださいね!

 

23歳以下60歳以上は審査が通りにくい

一応ビザを取るのにも審査があります。今まで年齢はあんまり関係ありませんでしたが、今回の件で23歳以下60歳以上は審査が通りにくくなると発表がありました。
これに該当する人はあんまりいないかな。

 

不法労働者を一斉検挙

近いうち、不法労働者を一斉検挙するみたいです。
主にホテルや外国人アパートなどを情報や口コミを元に予
告無く検挙するようです。

 

これには全力を上げていて、国民から少しでも何か知っていること(外人が働いている場所や家など)があれば通報するようにと声をかけています。

 

検挙されると移民所の連行され、多額の罰金や国外追放などの対処が行われるようです。

 

https://petaso.jp/over-stay-bali

 

最後に

時代の流れと共にやっぱり変わっていくんですね。
また大統領が変わったことでこんなにインドネシアが変わるのかと思うと凄いなーと思います。

 

良いか悪いかはわかりませんが、目に見える形でインドネシアが変わっていく様を今こうやって見れているのは嬉しい限りです。

 

一日も早く不法労働者がいなくなりますように…

ではこの辺で!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です