インドネシアでTelkomselのSIMカードを使って4GLTEを使用する方法

シェアしていただけたら嬉しいです!

スポンサーリンク

バリ島では2015年の初旬よりTelkomselのSIMカード(Simpati)を使用すれば4GLTEの使用が可能になりました。

日本では随分前からあるので今更?という感じもありますが、これも発展途上国ならではの出来事ですね。

さてさて、まだインドネシアでは始まったばかりの新サービスなので分からない方もいると思いますので、僕が説明します。

スポンサーリンク

4GLTEを使うなら先ずはSIMカードから!

この4GLTEのシムカードは恐らくまだ露店などでは売っていないので、テレコムセルへ行って直接買うしかありません。
購入は簡単でシムの券面にも4GLTEって書いてあるのですぐ分かると思います。

こんなヤツ↓
simpati4GLTE

また、『サヤ マウ 4GLTE』って言えばそれを出してくれます。

ただ、これは新しい電話番号となってしまいます。
別に新しくなっても困らないって方はいいんですが、連絡先がいっぱいある方なんかは結構めんどくさいことになりますのでご注意ください。

‎もちろん電話番号を変えずに4GLTEを使用する方法もあります。こちらはちょっと‎めんどくさいのですが、先ずはテレコムセルへ行ってアップグレードしてくれます。

ただ、パスポートやKTPなどの身分証明が無ければできませんのでご注意を。

シムカードを買ったらパケットを買おう

シムカードが買えたらインターネットのパケットを買いましょう。このパケットを買わないと、プルサが速攻で無くなりますので絶対に買うようにしましょう。

買うパケットなんですが、テレコムセルに行った時に一緒にパケットも買うようお願いしましょう。
そうすれば自分は何もすることなく4GLTEを使用できます。

自分でやることもできますが、今回は省きます。

注意事項

この4GLTEのシムカードを使用するためには自分の持っているスマホ、携帯が4GLTEに対応してないとダメです。
まぁ、最近の機種なら殆ど大丈夫だと思いますが、古い携帯などを使っている方は気をつけてください。

また、地域によって繋がる場所と繋がらない場所があるので事前に確認しておきましょう。
バリ島では主にデンパサール周辺は繋がります。

最後に

実際に僕が4GLTEを試していますが、通信速度が速くなったかと言われれば速くなったような。変わらないような気もします。

実際は凄い変わってるのかもしれませんが、僕が感じたのは気持ちの問題かなって感じぐらいの速さです。

インドネシア在住の方でまだ試してない方はぜひ〜。
では。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLEOLOGの中の人をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアしていただけたら嬉しいです!

フォローする

よく読まれている関連記事はこちら
ブログの中の人

LEOLOG | レオログの管理人レオです。
南国が大好きな海外ブロガー。現在は南の島に移住して波乗りなどを楽しんでいます。いつかはハワイに住みたい!

旅と波乗りとブログが好きなのでその3つで何かビジネスをしようと日々試行錯誤中です!

ブログは適当に好きなことを書いてます。
ブログ飯じゃなくてブログ旅を目指して頑張ります!
どうぞよろしくお願いします。

こちらも気軽にフォローしてくださいね↓↓

follow us in feedly

Facebook like box