サラリーマンを極めた方が重宝される時代。社畜乙です。って言ってるブロガーは信じない方がいい。

サラリーマン

こんにちは。どうもレオです。

サラリーマンなんて早く辞めた方が良い。
やりたいことは今すぐやろう。

巷ではこんな事を言うブロガーが増えています。
サラリーマン撲滅運動でもしているのか?と思う反面、サラリーマンを早く辞めた方が良いって言っている方の中には、自分の会社の一員として人を雇っている方もいます。
人にはサラリーマンを辞めた方が良いとは言うけど、自分の社員には早く辞めろとは言わないのか?という矛盾を感じています。

今日は僕なりの見解をお話していこうと思います。

時代の流れに逆らってサラリーマンを極めた方が重宝される時代でもある

サラリーマン

今のご時世、個の時代と言われており個人が活躍出来る時代となりました。
これからの企業の在り方は人を雇わず、必要になった時だけ個人を使って仕事を任せるというのが主流になってきます。
こういったスタンスは効率的観点や人件費という大きなコストもカット出来るので、企業としてはこれからどんどん個人を使っていくことになると思います。

個人側でもフリーとして仕事がもらえるようなシステムが増えたことで仕事も取りやすくなっています。

クラウドワークスBizseekなどに登録すれば個人のスキルを使って稼いでいくことが可能となっています。

 

ただ、ここで僕が言いたいのは個人の時代と言われる今だからこそサラリーマンを極めた方が重宝されるし安定した高月収が得られるのでは?と思うわけです。
これから個人の時代となっていくので必然とサラリーマンが減っていくわけです。
ブログに似た傾向でもあるんですが、競争相手が勝手に辞めていく感覚になるわけです。

当然、個人の時代となれば周りは全員フリーランスで仕事の取り合いが起こるわけです。
競争が激化するなかでサラリーマンを極めていれば独り勝ち出来る可能性だってあります。

今ある会社がいきなり全員クビにして個人を使っていくわ!なんてのは極めて低い話ですし、現状では会社を大きくしていくなら会社員は必要不可欠。
社畜乙なんて言ってる人もいますが、社畜でも会社の為に頑張っている人がいるからこそ、消費者は良いサービスや良い商品を受け取ることが出来ているんです。

なので、無理して今すぐ社畜を抜け出そうなんて思わない方がいいと思います。

いきなりサラリーマン辞めて自立して稼いでいくのは簡単ではない

安定した収入

そもそも今まで毎月安定した20万円が入ってきていた人でも、いきなりフリーになって働いても毎月安定して20万円を手に入れることはかなり難しいことです。

正直言うと、半年間無給の可能性だって十分にあり得ます。

何もなしにやりたいことして稼げるほど世の中甘くありません。
サラリーマンでいれば最悪何も考えずに会社に出勤していれば毎月安定した収入が得られます。こんなに楽なことはありません。

フリーになってしまえば自分で考えて行動しなければホームレス一直線です。
そのリスクを取ってでもサラリーマン辞めますか?って話です。
サラリーマンを辞めてフリーでやっていくというならサラリーマン時代から別のところから収入を得られるようなシステムを作っておくことを間違いなくオススメします。

会社から離れてみて分かる毎月の安定収入の良さ

サラリーマンの稼ぎ

実は僕もサラリーマンを辞めてフリーになった人の一人ですが、フリーになって思ったことがあります。

それは毎月安定して入ってくる収入がどれだけ大きいものだったのかということ。
まだまだ、自立して半年ぐらいですが、収入が出始めたのは3ヵ月後とかです。
それでも、サラリーマン時代よりは低い収入です。
これがどれだけ怖いことか。

毎日毎日、自分で考えて行動に移さなければ収入が入ってこないんです。
自分を究極に追い込まないと収入が入ってこないなんて怖すぎます。
しかも頑張って働いていても収入に直結するかはまた別の話です。
間違った努力をしていれば収入もゼロになります。

 

何度もサラリーマンに戻った方が良いんじゃないか?とも思ったぐらいです。
収入を得るまでは心の余裕も出来ないのが本当のところです。

それでもサラリーマン辞めて一人で稼いでいくんだ!って強者はこれを読んでみるとか↓

大手の会社に居ても安心出来ないリストラの不安

安定した収入
そして最後に言いたいのは、今すぐ会社を辞めてしまえ!という意図には、「会社にすがっていてもその会社いつかなくなるかもよ?そうしたらどうするの?」という意味が含まれていると思います。

それは確かにそうです。
大手の企業に勤めていても業績さえ悪化すればリストラされる可能性は十分にあります。

今の時代、大手企業もつぶれてしまう可能性はゼロではありません。
安定という言葉に安心していたらそのうち足元すくわれてしまいます。
これは否めない現実です。

一番良いのはサラリーマンをやりながら別の収入を得るようにしておくこと。
パラレルキャリアとも言われておりますが、一つの肩書ではなくいくつもの肩書を持っておくことで安定していない時代も生き抜いていけるということです。

 

ということで今日はこの辺で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です