20代で海外移住した僕が今思うこと。

シェアしていただけたら嬉しいです!

スポンサーリンク
海外移住

こんにちは。どうもレオです。

たぶん僕と同い年で海外移住してる人って少ないと思います。ちなみに僕は22歳で海外移住をしました。

海外移住ってやっぱり思い切った覚悟がないとそうそう出来るもんじゃないと思うし、まして20代で海外移住なんてバカだという声も実際にありますが、‎今日は20代で海外移住した僕が今思うことについて書いていこうと思います。

では。

海外生活2年目!海外生活2年目なので色々と振り返ってみようと思います。
こんにちは。どうもレオです。 なん‎て時間はあっという間なんだろう。 遂に僕も海外生活を始めてから2年が経ちました。 この2年間本...
スポンサーリンク

日本社会なんて経験しなくても全然平気

20代の始めは社会というしがらみを経験、勉強するタイミングですが、今の日本の社会を勉強したところで何になるってんだいと思っていた僕は早々に海外に移住してしまいました。

たぶん20代の95%は日本社会というのを経験していると思います。でも、僕はどうしても日本で生きていたら間違いなく視野が狭くなる気がしていたし、日本はあまりにも常識というレッテルが強すぎて、僕には窮屈に感じていました。

ただ、心のどこかで今もし日本から脱出したら将来日本の社会には入っていけなくなるかもなんて悩んだ時もありました。
でも、今僕が思うことは別に無理して社会人経験なんて積まなくても全然平気だと思いました。つかむしろしないほうがいいと僕は思います。日本社会も素晴らしいんですが、やっぱりあまりにも常識だろってのが多すぎて、その常識って言うレッテルに縛られて発想力ってのが欠如すると思うんですよ。

なので、別にある程度3年ぐらい経験したのならとっとと海外へ移住したほうがいいと僕は思います。それにもし日本の社会戻りたいと思っても戻れると思います。むしろ歓迎さえされる可能性もあります。
今の日本はグローバル化グローバル化って叫んでいるぐらいですから海外移住経験があって普通に日本語以外の言葉を喋れれば日本の社会に必然的に必要とされます。


ただ、海外に住み慣れると日本は窮屈で仕方なくなりますけど。観光ぐらいがちょうどいいです。

海外移住は自分を成長させる

海外で住むと必ず経験することがあります。
なんだと思います?

言葉の壁!!!

正解です。が、僕が言いたいのは言葉の壁ではなくて、日本で当たり前だった、いわゆる常識ってのが海外では常識ではないってことが多々あります。

例えば、ショップで働いている最中に携帯をいじらないとかお客様を待たせないとか、残業当たり前とか廊下を走らないとか。。。

日本で常識とされていることはほとんどの国では常識ではありません。
もちろん僕も20年とちょっと日本で暮らしているので日本の常識が染みこんでいます。ので、海外に来てからそういったことが気になること気になること…。

そういった常識だろってことは海外では非常識であって、日本の非常識が海外の常識ってことなんです。この海外の常識を経験することで発想力に刺激を与えたりして常に色々考えさせられ、自分自身が成長していくんです。

日本の文化は日本でしか通用しないし、アメリカの文化はアメリカでしか通用しないし、インドネシアの文化はインドネシアでしか通用しないんです。ですからそういった文化の使い分けができるようになることが大きな経験になるんです。

海外移住なんて簡単

なんだか海外移住っていうと単純に凄いとか、どうやって海外移住するのだとか、どうやって覚悟決めたのとか聞いてくる人がいますが、なんでそんなに難しく考える必要があるのかなって思います。

僕なんて至ってシンプルに、自分を変えたいって思ったのと日本にいても窮屈に感じていただけです。

正直、お金も全然無かったし将来の事も全然決まってなかったしただただ日本を抜け出したいって思ってここまで来てしまいました。誰からも海外移住の仕方とか聞いたこともないし、正直、ただやれることをやって突っ走ってきただけです。

ただ、今となっては海外移住なんて簡単って思いますが、当時は不安もたくさんありました。でも人間やればなんでも出来るんですよ。どんな不安があってもどうにかなるもんなんですね。

日本にいたら早く死ぬ可能性だってありえるんじゃないの?

今の日本は、地震や自然災害、放射能問題がかなり多いと思います。

実際に僕は3.11を経験しましたし、正直恐怖を感じました。自然災害についてはどこの国にいようが起こる可能性は充分にあることなので何も言えないんですが、放射能に関しては別だと思います。

テレビなどで流れるニュースでは放射能は大丈夫大丈夫と言っていたりしますが、正直本当に大丈夫なのかなって思ったりもします。
このまま日本にいても色々問題がありすぎてビクビクしながら生きなきゃいけないと思います。

そんなんだったら早く逃げようって思うのが普通じゃないですか。

でも1つ感じたのはみんな危機感を持ってないからなのか、一難去ったらすぐ忘れてしまう傾向にあり、何か行動に移そうって人が少なすぎると思いました。
そんなんで本当にいいのかなって。

実は放射能が規定値を越えていて将来自分の子供に影響がある。巨大地震が来て自分の命までもが奪われてしまう。こんな風に考えると人生においてマイナス部分が明らかに多い気がします。

そんなことないって思う人もいるかもしれませんが、高確率で関東には巨大地震が来ると言われているし、その巨大地震で予想死者数は何万人単位と言われている。

そこまで言われているのに、あなはその予想死者数の1人になりたいんですか?って話になります。
僕はそういった危険を避ける為にも海外移住したってのもあります。

最後に

もうちょっと話たいことがあるんですが、疲れてしまったのでこの辺で終わりにしたいと思います。
でも1つだけ。今回僕が言いたいことを簡潔にまとめると日本にいても視野が狭くなるので若い20代のうちに海外で暮らそうよってことです。

この記事見直してないので何言ってるか分からないかもしれませんが、それも愛嬌ってことでお許しを~
そんじゃまた〜。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLEOLOGの中の人をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアしていただけたら嬉しいです!

フォローする

よく読まれている関連記事はこちら
ブログの中の人

LEOLOG | レオログの管理人レオです。
南国が大好きな海外ブロガー。現在は南の島に移住して波乗りなどを楽しんでいます。いつかはハワイに住みたい!

旅と波乗りとブログが好きなのでその3つで何かビジネスをしようと日々試行錯誤中です!

ブログは適当に好きなことを書いてます。
ブログ飯じゃなくてブログ旅を目指して頑張ります!
どうぞよろしくお願いします。

こちらも気軽にフォローしてくださいね↓↓

follow us in feedly

Facebook like box