絶対に外に出てはダメ!バリ島が一日だけ静かになるヒンドゥー教の祭日ニュピは国を動かす最強の祭日。

シェアしていただけたら嬉しいです!

スポンサーリンク

2014年3月31日はヒンドゥー教の祭日ニュピでした。
そろそろ毎年恒例のヒンドゥー教の祭日がやってきます。
昨年にこの記事を書いたのですが、あっという間に一年経って、またこのニュピという祭日を迎えようとしています。
今年のニュピは2015年3月21日となります。←毎年更新しようかな。

スポンサーリンク

ヒンドゥー教の祭日ニュピとは?

ニュピphoto credit: Indonesia -Lost in paradise via photopin (license)

バリ島に滞在していた僕は、初めてニュピという日に出会いました。
ヒンドゥー教は毎日のようにお祭りなどで騒がしいイメージだったのですが、この日のニュピはいつもと違う祭日でした。

ニュピとはなにか。ニュピの日はバリ島全島民は外出禁止、更に電化製品を使うことは許されません。電気もテレビもラジオもすべてつけてはダメ。
毎日騒がしいバリ島が、この日だけは静寂に包まれる日なのです。

ビックリするのが空港ですら問答無用に閉鎖で、この日だけは飛行機はもちろん飛びませんし、バリ島に入ってくることさえ出来ません。
かなり大掛かりな祭日なんです。

ヒンドゥー教の祭日ですが、バリ島では関係なくイスラム教やキリスト教などの人も、同じ条件です。ただ、ホテルなどに宿泊している方などは、ホテルの敷地内なら自由に行動することは許されます。

僕もさすがに家で何もせずじっとしているのはキツイのでホテルへ宿泊しました。なので、このニュピの日は一日中プールでのんびり過ごしていました。

ヤシの木の下にハンモックがあり、そこでゆらゆら揺られながらバナナジュースを飲んだり、暑くなってきたらプールに飛び込んだり。また、泊まっていたホテルにはウォータースライダーがあったので、ウォータースライダーで一時間ぐらい遊んだりしていました。

と、話が完全にバカンスにズレてしまいましたが、このニュピは静寂な日を作る為に始まったのかな?と思います。←リサーチ不足で自分すら分かっていません。すみません。

ニュピを体験して思ったこと。

バリ島ニュピphoto credit: Preparing to Dance via photopin (license)

一日電気を使わないだけでかなりの節約になるし環境的にもとってもいいと思いました。
そして、なによりこの日の夜は星空がとっても綺麗なんです。普段ゆっくり星空を見上げることなんてめったにないですが、この日だけはゆっくりと星空を眺めていました。

なんだか、こういう一日があることがとっても素晴らしいことだな~と感じました。
どこにも出かけられないし、電気もつけちゃダメだし、テレビもダメだしでとてつもなく暇ですが、こういう日があれば家族ともゆっくり話したり、コミュニケーションがとれるんじゃないかななんて思ったりもしました。日本では叶わないと夢だと思いますが、ぜひやってみたら面白いと思います。

ただ、経済的には良くなさそうな感じもします…。
特にバリ島なんて観光の島だから一日空港が閉鎖になっただけでかなりの負担があるんじゃないかな?

最後に

今年もバリ島でニュピを迎えることになるんですが、今年もホテルで過ごそうかな〜と思っています。家に居てもやることないのでホテルでのんびりプールサイドでブログの執筆でもしてようと思います。

みなさんもニュピの日にバリ島に来る際は気をつけてくださいね。ニュピの日は外出できませんので!

では今日はこの辺で!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLEOLOGの中の人をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアしていただけたら嬉しいです!

フォローする

よく読まれている関連記事はこちら
ブログの中の人

LEOLOG | レオログの管理人レオです。
南国が大好きな海外ブロガー。現在は南の島に移住して波乗りなどを楽しんでいます。いつかはハワイに住みたい!

旅と波乗りとブログが好きなのでその3つで何かビジネスをしようと日々試行錯誤中です!

ブログは適当に好きなことを書いてます。
ブログ飯じゃなくてブログ旅を目指して頑張ります!
どうぞよろしくお願いします。

こちらも気軽にフォローしてくださいね↓↓

follow us in feedly

Facebook like box