インドネシアで生き抜く為に必要な5つのこと。

シェアしていただけたら嬉しいです!

スポンサーリンク
インドネシア

こんにちは。インドネシアに移住してちょうど3年が経とうとしているどうもレオです。

海外に3年も住んでいるとその住んでいる国の文化だったり特徴がだんだんと分かり始めてくる時期です。

今日は僕がインドネシアに移住して培った経験でインドネシアで生き抜く為には何が必要なことなのかってことを大まかに5つあげてお話したいと思います。

ウンコで作ってるコーヒーって知ってる?インドネシアの最高級コピ・ルアクが美味い!
こんにちは。どうもレオです。 ‎ えぇーっといきなりですが、お食事中の方やタイトルに不快を持たれた方、始めに言っておきます。 ごめ...

スポンサーリンク

インドネシアで生き抜く為に必要な5つのこと

みなさんインドネシアってどんな国だと思いますか?
インドネシアって言うとこの前インドネシアの首都ジャカルタでテロがあったよね。って思う方もいるかもしれません。

実はボクはインドネシアに来る前までまったく想像できない国の一つでした。
インドネシアってどこ?共用語は英語?ぐらいのレベルでした。

こんなレベルの奴でも一応3年という歳月を過ごすことができました。
でも、インドネシアって知識も無いまま移住すると危険なんじゃないかな?っていう風にも今では思います。

ということで、今日はこれからインドネシアに転勤を予定している方や旅行に行こうとか留学しようとか移住しようとか思っている方の為にもインドネシアで生き抜く為に必要なことをお教えしたいと思います!

基本、人は信用するな

いきなりネガティブなワードが出てきてしまいましたが、インドネシアでは基本人は信用しない方が身の為だと僕は思います。

親日と言われるインドネシア人でも、やはり嘘をついたり騙したりしようとするインドネシア人の方が多く見受けられます。もちろん全員が全員そうでないことはあるのですが、まずは相手を疑うという心構えを身に付けておくっていうのが大事だと思います。

特に日本から出てきた直後なんかは日本に慣れているせいで人を信用しやすい状態にあります。特に流暢な日本語で喋りかけてきたらついつい喋ってしまう人がほとんどでしょう。
大体、こういう日本語を流暢に喋って話しかけてくる人には注意しましょう。

言葉を覚えよう

まずは海外に出たらその国の言葉を喋れるようにならなければなりません。
ちなみにインドネシアではインドネシア語が共用語です。
https://petaso.jp/indonesia-job

言葉が喋れなければコミュニケーションが取れません。
喋れなくてもコミュニケーションは取れると思っている方もいますが、コミュニケーションが取れていると思っている大半のことは取れてないことがほとんどです。妙な間が出来てしまったり分からないけどなんとなく分かっているフリになってしまうのです。

そうすると自分が意図したことと全然違う方向に話が進んでしまったり、思っていることをちゃんと伝えられなかったり、最悪は簡単に騙されてしまうことだってあります。

なので言葉はしっかり覚えておきましょう。

僕が思うに言葉でケンカができるぐらいまで喋れるようになったら充分かなと思っています。

言語を覚えたいなら海外に行けば覚えられるのになぜ行かないの?って話。
こんにちは。どうもレオです。 先日、バリ島にて9ヶ国語も喋れる外国人に会いました。 街を歩いていたらいきなり日本語で喋ってきたのでビック...

我慢することを覚えよう

僕がインドネシアに滞在する中で一番重要なことだと思うのが、我慢すること。だと思っています。日本で幼い頃から育って日本のような文化が当たり前だと思っている方は特に重要です。

なぜか?

簡単に言うとインドネシア人はのほほ~んとしすぎているからです。
いや、簡単に言い過ぎましたね。

例えばですが、会社に遅刻してきたりしてもすぐに言い訳をしたり、仕事中に平気でスマホをいじってべちゃくちゃ喋ったり、とろとろレジ打ちしたり、お客に向かって悪態をついたり。。。

言い出したらキリがないくらい、え?って思うことがたくさんあります。
https://petaso.jp/indonesian-insincerity

また、宗教心が強い国でもありますので、仕事よりも何よりも宗教が大事です。
イスラム教が多いインドネシアではほとんどの方が一日何回もお祈りをしています。何があってもお祈り。良い事が起きればそれは俺がお祈りしたおかげだねって言ってくるほどお祈りです。

いやぁ~マジお祈り!です。
お祈りパネェ!です。

日本人からしてみれば、はっ?えっ?って思うことがインドネシアには山ほどあります。こういうことを腑に落として生活していかなければならないのです。

いや、ありえないでしょって思うこともグッと我慢することを覚えればインドネシアでは割とやっていけると思います。

仕事よりも三度の飯よりもお祭りが大事!バリ人特有の文化の実態!
こんにちは。どうもレオです。 バリ島に住んでいると本当に毎日違うことが起きて、今という時間が目まぐるしく回っていきます。 新...

首都ジャカルタでは一人で歩道橋に行かない

これはインドネシアの首都ジャカルタに限ることですが、ジャカルタは先日もテロがあったりと、治安はそこまでよくありません。

特にジャカルタでは外人が多い為、外人を標的にしたスリや強盗が多発しています。ジャカルタ在住の日本人も多く被害にあっているようです。

んで、一番多く聞くのが歩道橋での強盗。

一人で歩道橋へ行くと後ろから男が近づいてきて、前からも2、3人の男が近づいてきて挟みうちに合い、そこで強盗されるということが多発しています。

僕は実際に経験したことはないですが、確かにジャカルタには物騒な人がうろちょろしているのは見かけます。

ですから、歩道橋に限らず人通りが少ない場所だったり、危なそうだと思ったところには行かないことが大事です。

海外に危険は付きもの?!バリ島に住み始めて早2年。初めて家に泥棒が入りました。
こんにちは。どうも僕(petasojp)です。 最近海外で日本人がトラブルに巻き込まれるケースが非常に多いですが、遂に僕のとこにもそのトラ...

人が集まる場所はなるべく避けよう

もう一つは最近になって思ったことですが、人が集まる場所は避けるということです。というのは先日起きたジャカルタでのテロ。

あのテロ以降、ジャカルタだけでなくバリ島などもテロ予告がされています。
テロ予告が出され、実際にインドネシア政府も人が集まる場所には行かないようにと呼びかけています。

ジャカルタでのテロから月日は経ちましたが、テロなんていつ起こるかわかりません。忘れた頃にやってくる可能性は充分にありえます。

ですから、なるべく土日など人が多く外出する日だったり人が多く集まる場所は行かないことが無難です。

最後に

以上、インドネシアで生き抜く為に必要な5のことをご紹介したんですが、少しネガティブなものが多かったかもしれません。

ですが、この5つを守っていればインドネシアで楽しく生活することができるでしょう。

海外に住むということは決して簡単なことではないけれど、長く住んでみると自分は海外でも生きていく能力があるんだなと成長を感じられて良い経験になりますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLEOLOGの中の人をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアしていただけたら嬉しいです!

フォローする

よく読まれている関連記事はこちら
ブログの中の人

LEOLOG | レオログの管理人レオです。
南国が大好きな海外ブロガー。現在は南の島に移住して波乗りなどを楽しんでいます。いつかはハワイに住みたい!

旅と波乗りとブログが好きなのでその3つで何かビジネスをしようと日々試行錯誤中です!

ブログは適当に好きなことを書いてます。
ブログ飯じゃなくてブログ旅を目指して頑張ります!
どうぞよろしくお願いします。

こちらも気軽にフォローしてくださいね↓↓

follow us in feedly

Facebook like box