明日から現実逃避する超具体的な方法を考えてみた。

シェアしていただけたら嬉しいです!

スポンサーリンク
現実逃避

こんにちは。どうもレオです。

みなさんは突如あしたからどっかに逃亡したいと思った経験ってないですか?

僕は日常的にそんなことが多々あります。
でも僕だけじゃなくて無性に現実逃避したい‎気分の時って誰にもあると思うんですよね。

会社で嫌なことがあったり、学校でいじめられたり、人間関係に疲れたり、仕事したくない気分だったり、とにかくその場から逃げたい一心になってしまうんですよ。

そんな時どうするか。

いや、大抵の人は心の底から現実逃避したいと思っていてもすぐに明日からどっかに逃げようなんて行動する人は居ないと思います。

いくら現実逃避したくても状況によっちゃ周りに迷惑をかける可能性もありますし、そんなこと出来ないのが普通です。

僕ももちろんそうで、明日からどっかに逃げたいと思っていてもぐっとこらえるしかありません。

でも、もしですよ?もし本当に明日から急に現実逃避するってなったらどうするだろう。
と、そんなどうでもいいことを考えてみたので、聞いていただけたら幸いです。

では。

スポンサーリンク

現実逃避したくなる時

先ほども言いましたが、誰でも現実逃避したくなるときがあると思います。

僕は海外に住んでいるので、今の仕事を放棄してでも日本に帰りたくなったり、人間関係に疲れてどっか一人で旅に出たりしたくなる時が結構あるんですよ。

海外生活って思ってるほど華やかなものでもなくて辛いことやストレスになることが沢山あります。

こういう時に僕は、あぁ〜現実逃避したいな〜なんて思います。

海外に住み始めると必ず起こるストレス第一位とストレス解消法!
こんにちは。どうもレオです。 今日は海外在住者らしい記事でも書いてみようと思います。 ということで、今日のテーマは海外に住み始めると...

明日から現実逃避する超具体的な方法

これから例え話ではありますが、海外生活している僕が明日から現実逃避する場合どうするのか?ってのを具体的に書いていこうと思います。

誰得の話なの?って感じですが、聞いてくれたら嬉しいです。

僕にとっての現実逃避は日本へ帰国すること

えーっとまず、僕にとっての現実逃避を定義すると日本へ帰国することです。

他にも一人旅したりするのも自分にとっては現実逃避になるんですが、とりあえず今回は日本へ帰国することが今僕の1番したいことなので、話がブレないように定義しておきます。

今ある貯金額を知る

現実逃避をしたいと言ってもやはり今持ってる貯金額が
どれぐらいあるかってことは重要です。
そこは現実的に考えなければなりません。

貯金額が多ければ長期間どこかに旅を出来たり、何処かに家を借りてひっそり暮らすことも可能です。

逆に貯金額が少なければ‎出来ることも限られてきます。

ですから、現在の貯金額の範囲で現実逃避を考えなければなりません。

お金が無ければないなりに現実逃避も出来ますが今回は省きます。

現実逃避プランを考える

自分の今持っているお金を計算したら次はどこに行ってなにするかといったプランを立てます。

僕の場合で言ったら、恐らくこう考えます。

まず、ひっそり夜に家を出てそのまま日本へ帰国します。
そして、日本へ着いたらまず家探し。

安い賃貸を見つけたらとりあえずそこに住みついて大好きなブログとプログラミングに打ち込むと思います。

うん、単純です。

ちなみに僕の現実逃避はブログやプログラミングなど自分の好きなことに時間を費やすことです。

今は本業があってブログやプログラミングにかける時間が全くないので、けっこうストレスになったりもするんですよね。‎もし、一日中自分の好きなことが出来てたらいいな〜なんて思います。

明日のチケットを取る

次に実行に移す準備をします。

僕は海外に住んでいるので、とりあえず日本行きのチケットを購入するところから始まります。

とは言ってもチケットは安いものでもないので、ここで覚悟を決めて現実逃避?いや、逃げる覚悟を‎しなければなりません。

ですから、正直言うともうここから現実逃避が始まっているのです。

たぶん『どうしよどうしよ…取るか取らないか』なんてハラハラドキドキすると思います。

誰にもバレずに出国

チケットを取ってしまったら後はもう行動するしかありません。

ここまで来たらもう覚悟は決めているので、とりあえず誰にもバレることなく出国するだけです。

ただ、僕の住んでいるバリ島は全くインフラが整っていないので電車も無ければ歩道もない。近所の道には狂犬病の野良犬だってたくさんいる。
夜に出発するとなると正直怖いです。

(ちなみにバリ島では歩いてどこかに行くっていう文化はありません。)

僕の家から空港まではバイクで10分、車で20分ぐらいの場所にあります。

バイクで空港に向かってバイクを空港に止めたまま出国するっていう手もありますが、バイクは友人に借りているのでさすがにマズイと思います。

なので、大通りまで出てバイクタクシーを利用して空港まで行きます。

出発時間は夜8時。
たぶん隣人達にはちょっと遊びに行ってくる〜なんて言ってそのまま空港に向かいます。

これでとりあえず一晩はバレずに無事出国出来ると思います

連絡が取れる可能性のある物は全て無くす

とりあえず現実逃避がスタートしたら連絡の取れるものは全てオフにします。

携帯はいじっていたいので、LINEやFacebookなど連絡の取れるであろうアプリは全て削除します。

LINE系のアプリは特に危ないですね。
LINEゲームにログインしたら誰かにバレる系が多いです。
また、他にもログイン形跡が残ってしまうアプリもあるので怪しいものは全て消しておきます。

もうね、自分は死んだかのように見せかけるんですね。

晴れて現実逃避

さて、連絡の取れるものを削除して誰にもバレずに無事出国したら晴れて現実逃避の始まりです。

たぶんもし本当にこんな場面に遭遇したらと思うと、ハラハラドキドキが止まんないじゃないかな〜と思います。

でも、それと同時に肩の荷が下りるんだろうな〜なんて思います。

正直、周りにはメチャクソ迷惑かけるんだろうけどそれでも自分のやりたいことに逃げるのはアリなのかな〜とも思います。

後のことは考えない

そして現実逃避の1番大事なことは後のことは考えないことなんじゃないかなって思います。

というのも、もし誰かにバレてしまってこっぴどく叱られたりしないだろうか、あの人すごい怒ってるんじゃないだろうかなんて後のことを気にしていたらせっかく覚悟を決めて現実逃避した意味がありません。

どうせもう戻れないと思って開き直るしかないんです。

って言ってる僕はすごく小心者なので、気にしまくっているだろうけど。。。笑

最後に

長々と書いてしまいましたがいかがだったでしょうか?
僕が現実逃避した場合についてお楽しみいただけましたでしょうか?

まぁ正直誰も面白くないと思うんですが、僕はこれを書いていて面白かったです。
なんていうか本当に現実逃避したら…なんて考えながら書いていたら少しだけ現実逃避した気分になっていました。笑

ただ、現実逃避は周りの関係している人‎達に大迷惑がかかる可能性もあります。

もしあなたが現実逃避をしたいと思ったらぜひまずはじっくり考えてからにしましょう。

では!

※現実逃避に関して僕は一切の責任を負えませんので予めご了承を。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLEOLOGの中の人をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアしていただけたら嬉しいです!

フォローする

よく読まれている関連記事はこちら
ブログの中の人

LEOLOG | レオログの管理人レオです。
南国が大好きな海外ブロガー。現在は南の島に移住して波乗りなどを楽しんでいます。いつかはハワイに住みたい!

旅と波乗りとブログが好きなのでその3つで何かビジネスをしようと日々試行錯誤中です!

ブログは適当に好きなことを書いてます。
ブログ飯じゃなくてブログ旅を目指して頑張ります!
どうぞよろしくお願いします。

こちらも気軽にフォローしてくださいね↓↓

follow us in feedly

Facebook like box