200記事書いたら過去記事の質を向上しよう。

シェアしていただけたら嬉しいです!

スポンサーリンク

こんにちは。どうもレオです。

このブログを始めて早1年半。
もうすぐ200記事を達成します。とは言っても、ここまで書いてきた記事の質がいいかと言ったら全然良くないです。

元々文章を書くのが苦手だった僕なので、とりあえず記事の質は考えずに文章を書き慣れるといった感じで今まで書いてきました。

ですので、目も当てられないような記事を量産してきたのはここだけの秘密です。

正直、この記事はSEO的にも消したほうがいいでしょ!って思うものばかりですが、あえて僕は消してません。というか、消すと過去の自分がかわいそうで…どうも消すと言う行為まで踏み切れません。

でも現実はそうは言ってられません。ブログで収益化をしている以上はやっぱり記事の質向上だったり、これ以上は無理だと思って記事の質を向上できないのなら消すっていう選択も必要になってきます。

スポンサーリンク

中身の無い記事はブログ全体の評価を下げる

僕も色んなブロガーさんの記事を見ているんですが、大体凄いアクセス数を誇るブロガーさんって共通していることがあります。

それは中身の無い記事を書いてない。

いや~全くもって皆さん中身のある記事を書いてきているんですよ。

それにすごいアクセス数だけど記事数的には僕の方が上ってことも多々あります。

それはなぜか?

やはり少ない記事数でも良質なコンテンツを用意して中身のあるブログに仕上げているからです。
文字数だって半端ないんですよ。

僕なんて頑張って自分的に良質な記事書いたなって時の文字数なんて2000文字程度です。
それに比べると凄いブロガーさんはこの倍、いや倍倍のボリュームで記事を書いています。

絶対に1000文字以下の記事なんて書いてないんですよ。なんでか?

僕も少しづつですが、SEOの勉強しています。SEO的に読者の為にならない中身の無い記事を一つでも投稿するとブログ全体の評価がガクッと下がるようなんです。

だからか。。。だからすごいアクセス数を誇る方は質の高い記事だけを投稿しているのか。と納得しました。

過去記事を編集することでブログ全体の評価を上げる

せっかくちょっとでも質のいい記事を書いたとしても他の記事で評価を下げていたらとてももったいないですよね。

僕もなかなかの記事の量になってきた気がしますのでこの辺で少し昔の記事を編集していこうと企んでいます。
でも、僕の場合糞みたいな記事が多いので過去記事編集も気軽に出来るというわけではありません。

200記事中の150記事ぐらいは糞記事なんじゃないかなと自分的に考えております。

150記事の編集は並み大抵の努力では出来ないと思いますが地道にコツコツと直して行きたいと思います。

教訓

今回ただ書くことだけに突っ走ってきた僕ですが、一つ教訓を得ました。

それは、中身のない記事を書くぐらいなら書くな。記事を書くなら徹底的に良質な記事を書け。です。

と、言葉で言うのは簡単なんですが、ついめんどくさくなってしまったり時間が取れないことからサクッと簡単に書いてしまうことがあります。

その時は更新が出来たから良しとしようとなるんですが、後悔は後にやってきます。

そう、今回の僕みたいに200記事中150記事が糞記事でこれから再度書き直しってことになるんです。結局その方がめんどくさいしやってらんなくなってしまうので、やはり最初からキッチリ良質なコンテンツを積み上げていく方が効率的で早いです。

また、アクセス数もこっちの方が早い段階で結果が出ると思います。

最後に

僕はあともう少しで200記事に達成しようというところまで来ています。
キリもいいのでこの辺りで過去記事の編集に取り掛かっていこうと思います。確か、100記事書いた頃もそんなこと言ってたような気がしますが、それもご愛嬌ということでお許しいただければと思います。

ということで、今日はこの辺で終わりにしたいと思います。

PS.過去記事編集のオススメのやり方とかあったらドシドシ募集します!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLEOLOGの中の人をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアしていただけたら嬉しいです!

フォローする

よく読まれている関連記事はこちら
ブログの中の人

LEOLOG | レオログの管理人レオです。
南国が大好きな海外ブロガー。現在は南の島に移住して波乗りなどを楽しんでいます。いつかはハワイに住みたい!

旅と波乗りとブログが好きなのでその3つで何かビジネスをしようと日々試行錯誤中です!

ブログは適当に好きなことを書いてます。
ブログ飯じゃなくてブログ旅を目指して頑張ります!
どうぞよろしくお願いします。

こちらも気軽にフォローしてくださいね↓↓

follow us in feedly

Facebook like box