夜に爪を切ったらダメなの?!夜に爪を切ってはいけない理由

こんにちは。どうもレオです。

昨日、夜に爪を切っていたら日本人の友人に夜に爪を切っちゃいけないんだよーと言われました。
え?そうなの?そんなの初耳だけど!とビックリしたんですが、調べてみると確かに夜に爪を切ることはいけないというか迷言のようなことがあるみたいです。

 

ということで、今回は夜に爪を切ってはいけない理由について。

 

なぜ夜に爪切ってはいけないのか?

たぶん僕意外にも初耳だよって方もいると思います。
僕なんてむしろ夜に爪を切ることの方が多かったのですが、皆さんはどうですか?

なぜ夜に爪を切ってはいけないのか?
その理由はこのように語られているようです。

 

昔は照明装置がまだ発達していなく、今のように機能的なツメ切りもなかった頃に言われていた迷信です。

1.暗がりで爪を切ると切った爪がどこに飛んだか判らなくなる事から、
親に頂いた大切な体の一部を粗末にしてしまった事への戒めのことわざだった。

2.身内の通夜に自分の体の一部である爪を切って棺の中に入れていた慣習があり、
そのため、夜爪を切るのは身内の通夜だけということから、このように言われるようになったという説。

3.昔は刃物で爪を切っていた時代に生まれた言葉で、暗いところで刃物を使って爪を切るために手元がおぼつかず、
あやまって足を切ってしまい、その傷が元で破傷風にかかってしまい、
「親よりも先に死んでしまう」というところから生まれた戒めの言葉。

4.江戸時代 お城の門番で夜間の勤務を「夜詰め」といっていました。
その仕事はとても重要で、たとえ親が死に目にあっても家に帰れませんでした。

5.昔の照明器具(ろうそくや松脂など)が高かったため、もったいないから夜ではなく昼に爪を切るように
という意味を込めて。

また「夜、爪を切る」ということは、「夜爪」=「ヨツメ」=「世詰め」つまり寿命を詰める、寿命を縮めるという
語呂合わせからきたものともいわれ『早死にする』ことになり、「親の死に目にあえない」ということになるようです。

参照 : Yahoo!知恵袋

 

色々理由があるみたいですね。
確かに昔は照明が暗かったからって理由ならなんとなく分かりますね。

 

親の死に目にあえない

たぶん一番広く言い伝えられているのってコレかなと思います。
実際に僕の友達も夜に爪を切ると親の死に目にあえないと言っていましたので。

夜爪から世詰めはなんだか無理矢理こじつけた感がありますが、こういう言い伝えは信じがたいですが全く信じないぜっていうのもなんだか怖いですよね。

 

最後に

いままで僕は夜にしか爪を切ってこなかったのでこれからは朝にでも爪を切ろうと思います。
やっぱり死には順序ってのがあると思いますし、親より先に死んでしまうことは親不孝になってしまうのでこれからは信じて夜に爪を切るのはやめようと思います。

皆様も夜に爪を切っている人がいたら注意してあげてくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です