「発信力」というのは好きな事をひたすら発信すれば自ずと付いてくる

発信力

photo credit: _Hadock_ I Walk Alone via photopin (license)

こんにちは。どうもレオ(@petasojp)です。

 

Twitterを眺めているとよく出てくるワード「発信力」。

 

個人の時代と言われている今、必要なスキルの一つに「発信力」というものがあります。
最近ではブロガーもかなり増えてきましたし、TwitterやFacebookなどのSNSを積極的に利用している方々も増えてきました。

 

あなたは今、世の中に何かを発信していますか?

今日はこの「発信力」についてお話をしようと思います。

 

https://petaso.jp/post-3045

 

発信力とは自分の言動(言葉)に「伝える力」や「影響力」、「情熱」を持たせること

そもそも発信力って何だと思います?

 

ツイッターでつぶやくこと?
インスタグラムで写真を投稿すること?
フェイスブックで日常をアップすること?

 

うん。どれも間違ってはいませんが、合ってもいません。
「発信力」とは、単にSNSで投稿することではありません。

 

発信力とは自分の言動(言葉)に「伝える力」や「情熱」を持たせてアウトプットする力のこと。

 

発信力というと抽象的過ぎて単に発信していれば良いと思いがちですが、そうではなく一つ一つの言動に重みを持たせることが大事なんです。

ただ「寝てたー」とか「おはようー」とかツイッターで発信してても芸能人でもない限り誰も興味共感を持ってくれません。
全くの無名ど素人が発信していくなら誰がこの発信を見て興味を沸いてくれるのか?ってことを考えるといいと思います。要は誰得?って常に思ってればそんなツイートはしなくて済みます。

何かを発信しようと思った時には「伝わりやすいか?」「この発信について自分が情熱を持っているか?」を考えて発信していくと結構共感してくれる方がいたり、反感してくれる方がいます。笑

んで、最近よくツイッターのタイムライン上では発信力をつけろと言っている方がたくさんいます。

これからの時代になぜ発信力が必要なの?

なぜこれからの時代は発信力が必要なんでしょうか?
これは、これから益々個人の時代へ向かっていくということが言えます。

 

今までは、会社に入社したら終身雇用で定年まで働き続けることが可能でした。
でも今はどうでしょう?
大企業が大規模リストラや倒産なんてことがいつ起こってもおかしくない状況になりつつあります。

 

そんな不景気の中、企業は人件費をかけずに必要な時だけ仕事を頼めるフリーランス(個人)の方に仕事を頼むようになってきています。また、そんな状況に危機を感じている敏感な方々は、会社の収入に頼らず発信力をつけて未来に向けて自分に投資(発信力)しています。

 

クラウドテックのような、企業とフリーランスをマッチングさせるサービスもあるので、今後はフリーランスこそ安心な職業になるんじゃないかと。
まぁそうやって個人が活躍出来る場が増えたことで、更にブーストをかける為にも発信力を付けておいた方が良いんです。

 

では発信力をつけるには?

発信力つけていく上で大事なのは、やはり好きな事をアウトプットしていくということに限るんじゃないかと。

 

もっと言えば、ビジネスに繋がるような事だったり、信用に繋がるようなことを常々ツイッターやブログでアウトプットしていければもっと良いです。でも、自分の好きな食事のことでもいいんです。おもちゃのことでもいいんです。ゲームの事でも。

 

とにかく自分の好きを情報をアウトプットしていく。
自分の好きな事に関してブログやらツイッターやらで毎日毎日発信していく。
結局発信力をつける為にはそれしかないんですよね。
とにかくアウトプットしていかないと。

んで、やっぱり「自分の頭で考えるということも非常に大事」。
物事に対して自分はこう考えているんですーってのを発信してれば、良くも悪くも誰かが反応してくれますから。反応してくれたらこっちのもんです。自分の発信が世の中の誰かに届いたってことなんですから。

発信力をつけていくにはこれの繰り返し。
反応の数を積み重ねていくことで発信力を鍛えられるんじゃないかな。

 

さぁ今宵もツイッターやブログで発信しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です