会社を辞めたい!?僕が会社員に向いていない3つの理由

シェアしていただけたら嬉しいです!

スポンサーリンク

こんにちは。プロブロガーになって旅をしようと目論んでいる、どうもレオ(@petasojp)です。

たまにふと思うことがあります。
なんでこんなにも雇わられるのが嫌なんだろう。って。

現在、ボクは会社員として雇われの身で頑張っているのですが、やっぱりどこか向いていないなって思うことが多々あります。ゆとり世代のせいなのか、あぁ早くこんな会社辞めたいな〜なんてすぐに思ってしまいます。

今日はそんなどうでもいい、ボクが会社員に向いていない3つの理由というテーマでお話したいと思います。

スポンサーリンク

ボクが会社員に向いてない3つの理由

ボクが会社員に向いてないと思い始めたのは、20代前半の頃。
人生で一回だけ、日本の会社で正社員として勤めたことがありました。
このときに勤めた会社は、社長さんがとてもいい方で、高卒のボクなんかを雇ってくれるなんてありがたいなぁと思っていた。

20代前半ながらも給料もかなりよかった。
手取りで30万円近く毎月もらっていましたし、出勤時間も11時からの8時間労働。

その会社の社長さんに気に入られていたボクは、なぜかみんなよりも待遇を良くしてくれていました。
それでも、ボクはその会社を辞めました。
やっぱり、いくら待遇が良かろうがボクには会社員という見えない何か縛られた生活が苦痛でしかなかったのです。

では、これからボクが会社に向いてない3つの理由を挙げようと思います。

  1. 会社員が向いてないというより、指示されるのが嫌だった
  2. 何かに縛られると逃げる癖がある
  3. 朝が苦手で満員電車も大嫌い

会社員が向いてないというより、指示されるのが嫌だった

会社員はもちろん、アルバイトですらボクは向いてないと思ってしまう。←典型的な根性無しのゆとりです。

なんて言うか、会社員が嫌とかではなく、たぶん人に指示されて仕事をするのが嫌いなんですよね。こんなこというと、生意気で自己中だと思われてしまうかもしれませんが、誰かに指示されて仕事をするということが昔からすごく嫌でした。

でも、会社員だったら目上の方に指示されるのは当たり前であって、それをイエスマンとなって忠実に仕事をしていくしかありません。それが当たり前なんです。

でも、ボクはこの当たり前のことが嫌で嫌で仕方なかった。
典型的な社会不適合者です。別にプライドが高いとかじゃなくて、自分の思ったように仕事をしていきたいと、いつも心のどっかで思っていたんだと思います。

今じぶんがやっている仕事の最中とかに、別の仕事を任されたり、所属部署とまったく関係のない雑用みたいなことを頼まれたりすると、本当に嫌で仕方なかったです。

会社に勤めている方たちって、こういう風に考えてる人がたくさんいるんじゃないでしょうか?

あなたの夢を叶える為に今すべきたった3つのこと。
こんにちは。どうもレオです。 いきなりですが、あなたに夢はありますか? 最近の若い人たちの中には夢を持てないと悩んでいる方も多い...

何かに縛られると逃げる癖がある

ボクは小さい頃から何かに縛られるのが、すごく嫌でした。

世の中には見えない縛りがたくさんあります。
義務教育だったり、時間だったり、約束だったり。
こんな、目に見えない縛りが昔から嫌いだったんです。

今思えば小学校のときからそうでした。
学校に行かなければいけない、ということが嫌で学校へ行くふりをしてサボったり、決まった時間にご飯を食べなきゃいけないのに、お腹が空いてないからという理由で給食の時間も外で遊んだり。

会社に勤めることも同じ。
会社に入社した以上、会社員という縛りを張られてその会社の為に、辛かろうが何しようが貢献しなければならないのです。

でも、ボクはやっぱり大人になっても会社員という縛りから逃げました。
こんなのは社会的にみれば、現実から逃げてばかりの言わば問題児であります。

でも、今思うと別に逃げてばかりの人生もアリなのかな?とも思っています。
今は、何かに縛られることもなく、自分のやりたいことをやって生活していますし、逃げた結果が昔の自分よりも良い自分になっているとも感じます。

朝が苦手で満員電車も大嫌い

会社員を辞めたいと思っている方の理由の多くが、「朝が苦手で満員電車も大嫌い」という理由。

朝が苦手でも会社によっては、遅い出勤時間もあります。
実際ボクは会社勤めしていたときは、11時出社だったので、朝早く起きるということはなかったです。

ただ、前述したとおり、朝が早くなくても会社に行かなければいけない時間という縛りがあります。

この、会社に絶対に行かなければいけないというのが、ボクには向いてないないんですよね。

ボクは自由に出勤して自由に仕事がしたいと思っています。
それなら起業しろと言われそうですが、会社員当時は起業したいと思っても何をしたらいいかわからなかったんですよね。

また、満員電車に乗るなんてのはクソくらえと思っていました。
たぶん満員電車に乗っている方なら、全員そう思っているはずです。
満員電車に乗るのが好きなんて人は、痴漢野郎しかいないと思います。

だからボクは、会社員には向いてないなーと思っていました。

会社員に向いていない人は、自分で何か出来ると思っている人が多い

自分で何かをやったことが無いクセになんともまぁ生意気なこと。
でも、雇われるのが嫌だと思っている人の99%は、間違いなく自分で何か出来ると思っているし、何かをやりたいと思っています。

自分でビジネスをすることが出来れば会社なんて即刻辞めます。僕は将来インターネットを通じて独立したいと思っていて、そのために今は準備の一つとしてこうやってブログを運営しています。

また、インターネットでビジネスが出来るようになったら、旅をしながら仕事をするって夢だって叶います。

海外生活2年目!海外生活2年目なので色々と振り返ってみようと思います。

だから、会社員を辞めたいと思っている方は会社員時代に、何かを始めておくのがいいと思います。

会社を辞めたいと思っている人におすすめな記事

最後に

結局のところ、会社員に向いてないって言うのはタダの言い訳でしかないのです。

会社員に向き不向きなんてのは実は無くて、自分で何かしたい、指示されるのが嫌いとかそういう自分勝手な発想から生まれてくる問題なんです。

でも、それは決して悪いことではなく、それは個性でもあるのだと思います。
だからもっと個性を出して好きなことしようって思いました。

以上、この記事も自分勝手で誰得?って思いますが、最後までお読みいただきありがとうございました。

それではこの辺で。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLEOLOGの中の人をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアしていただけたら嬉しいです!

フォローする

よく読まれている関連記事はこちら
ブログの中の人

LEOLOG | レオログの管理人レオです。
南国が大好きな海外ブロガー。現在は南の島に移住して波乗りなどを楽しんでいます。いつかはハワイに住みたい!

旅と波乗りとブログが好きなのでその3つで何かビジネスをしようと日々試行錯誤中です!

ブログは適当に好きなことを書いてます。
ブログ飯じゃなくてブログ旅を目指して頑張ります!
どうぞよろしくお願いします。

こちらも気軽にフォローしてくださいね↓↓

follow us in feedly

Facebook like box