ブログを習慣化するのは思った以上に大変です。習慣化できない僕への対策。

シェアしていただけたら嬉しいです!

スポンサーリンク
photo credit: Travis has a cool new MacBook - Roland in Vancouver 2454 via photopin (license)

こんにちは。どうもレオ(@petasojp)です。

最近徐々にアクセスと収益が増えてきていますが、納得いっているわけではありません。
ちょっと前まではスゴイ勢いでアクセスが伸びていたのにココにきて停滞しているんです。

もちろん停滞理由は重々承知なワケでして、ブログの更新頻度だったり記事の質をもっと向上していかなければなりません。

そこで、最近フト思ったんです。

『僕ってブロガーに向いてない?!』なんてね。

祝!!このブログもやっと2万PV突破!!これまでの振り返り
こんにちは。どうもレオ(@petasojp)です。 やっとの思いで2万PVに到達しました。 まずは皆さん、ここまで支えて...

スポンサーリンク

ブロガーは書いてこそブロガー

ブロガーと自分自身で思っているんですが、記事の更新頻度が伴っていないんです。
最近の悩みというか、もう書くしか悩みを解決する方法はないんですが、どうしても毎日更新ってのが時間の関係で難しくなっています。

時間の関係でとか言っちゃってる時点でお前はダメだよってことも充分にわかっております。が、やっぱり時間の作り方とかも下手で、どうも更新頻度を増やすことが出来ていません。

ブロガーと名乗るにはやっぱり毎日更新して、読んでくれている皆さんが面白いような記事を書かなくてはならないと僕は思っています。(出来てないですが)

結局あなたは何の為にブログを書いてるの?
こんにちは。どうもレオです。 少し挑発的なタイトルになってしまいましたが別に挑発してるわけでもケンカ売ってるわけでもありません。 ‎...

まずはブログを書くことを習慣化

ブロガーは書いて書いて書きまくるんです。それが分かっていても出来ないのは性格にも問題があると思いますが、習慣化出来ていないことも挙げられます。

ちょっと前までは毎日更新にも少し慣れてきて習慣になってきたかなって思ってたけど、少し忙しくなるとダメなんです。今日はいいかってなってしまうんです。

でも、ワードプレスだったら記事の投稿予約とかも出来るので、今後はそういった事も活用して毎日更新を心がけていこうと思っています。

習慣化する為の時間管理

僕は一応本業を抱えている為、ブログに向ける時間が少ないのですが、そんな中でどのように時間管理をした方が良いのか少しまとめてみようと思います。

僕の本業の時間は大体8時〜19時までです。この時間に記事を書くことは不可能なので、それ以外の時間で書くことになります。

となると、朝か夜のどっちかになります。
まぁ僕が記事を書いてるのはほとんど夜なので、このスタンスを今まで通り維持していこうと思っています。

夜にできるだけ多くの記事を書く

僕の目標は夜に3記事書くこと。

2記事だけしか書けなくとも3記事目の途中まで書ければ次の日の朝でも書くことが出来ると思いますので、一日3記事書くことを目標に頑張りたいです。

最後に

なんだか自分に向けて書いてしまいました。すみません。
完全に自分に向けたムチのような記事です。

まぁ結局のところ、今の僕のままではブロガーには向いてない!のかもしれません。
もっともっとブログに力を入れて頑張らなければいけないとこです。

自分自身もうちょっとブロガーの名に恥じないように取り組んでいかないといけないのかなと反省している次第でございます。

ということで、今回はこの辺で失礼したいと思います。

またつまらん記事を書いてしまった…←ゴエモン風

では!‎

会社を辞めたい!?僕が会社員に向いていない3つの理由
こんにちは。プロブロガーになって旅をしようと目論んでいる、どうもレオ(@petasojp)です。 たまにふと思うことがあります...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLEOLOGの中の人をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアしていただけたら嬉しいです!

フォローする

よく読まれている関連記事はこちら
ブログの中の人

LEOLOG | レオログの管理人レオです。
南国が大好きな海外ブロガー。現在は南の島に移住して波乗りなどを楽しんでいます。いつかはハワイに住みたい!

旅と波乗りとブログが好きなのでその3つで何かビジネスをしようと日々試行錯誤中です!

ブログは適当に好きなことを書いてます。
ブログ飯じゃなくてブログ旅を目指して頑張ります!
どうぞよろしくお願いします。

こちらも気軽にフォローしてくださいね↓↓

follow us in feedly

Facebook like box