BlackBerryclassicのショートカットキー設定と使いこなし方

ショートカットキーっつたらブラックベリーの定番だろゴルァ( ゚д゚)って声が聞こえてきそうですが、実は最近になるまで全然知りませんでした。

 

どうも、僕(@petasojp) です。‎

 

https://petaso.jp/matome-blackberryclassic-line

案外使い慣れるまで気づかないショートカットキー

えぇ、知らなかったのはあくまでブラックベリークラシックでのショートカットキーのこと。
もちろんBlackBerry9790の時とかはバリバリショートカットキー使いこなしてました。

 

ただ、そのショートカットキーの使い方が以前とはちょっと違うんですよね。‎だから知らなかったというより使い方が分からなかっただけなんです。その使い方の違いなんですが、BlackBerryClassicでは長押しすることでショートカットキーが使えます。

 

BlackBerry9790時代は長押しじゃなくても出来たのでついそのノリでクラシックでもやるとアシスタントマネージャーが起動してしまいます。僕はてっきりこのアシスタントマネージャーを1度起動してからではないとショートカット出来ないのかと思っていました。

 

正直ショートカットキーの良さっていうのはホーム画面から1発で飛べるから良いのであって1度でもその間に一手間かかるのならそれはショートカットキーとは言わないですね。

 

冷静に考えればもっと早く気づけたのに!!!

 

https://petaso.jp/battery-of-blackberryclassic

 

ショートカットキー設定

さて、使い方も分かったところで設定をみていきましょう。
以前こんなエントリーを書きました。
https://petaso.jp/shortcutkey

 

これを見ていただければ分かると思いますが、実は僕ショートカットキーがあると発売前に知っていたんです。しかもショートカットキーの実演動画も見ているんです。

 

なのに、最近まで全く使ってこなかった…

 

ホント忘れっぽい性格どうにかしたいです。
さて、話がズレてしまいましたが設定方法は簡単です。

 

まぁ設定などしなくても使えます。ただ自分でアレンジして使いたいよって方はぜひ設定しましょう。ショートカットキーの設定は『設定』→『ショートカットと短縮ダイヤル』と押せば簡単に設定出来ます。

 

https://petaso.jp/blackberryclassic-trip

 

僕が割当ているショートカットキー一覧

・A-連絡先を起動
・B-ブラウザを起動
・C-新規メッセージ作成
・D-新規メモ作成
・E-
・F-
・G-
・H-ヘルプ起動
・I-
・J-
・K-カレンダー起動
・L-LINE起動
・M-BlackBerry Hub起動
・N-BBM起動
・O-設定を起動
・P-デバイスロック
・Q-通知モードの切り替え
・R-時計起動
・S-
・T-新規タスク起動
・U-電卓起動
・V-
・W-発信留守番電話
・X-
・Y-
・Z-

※空白のところは設定していません。

 

僕が手を加えたのはLINEの起動とデバイスロックだけです。たぶん。
それ以外はデフォルト設定のままです。

 

ショートカットキーを使いこなそう

実際ショートカットキーを使わなくても全然大丈夫なんですが、どうせBlackBerryを使っているのなら是非使いこなしてもらいたいものです。最初は慣れるまで結構時間があかかるんですが、慣れてしまえば効率的に作業ができます。

 

効率的と言っても微々たるものですが、先程も言った通りせっかくBlackBerryを使っているのでってことを年頭に置いておきましょう。

 

なので最初は無理をしてでもショートカットキーを使っていきましょう!どのボタンで何が起動すんだっけ?って悩むこともありますが、慣れてくれば覚えてきますので惜しみなく使いましょう。

 

https://petaso.jp/blackberryclassic-music-download

 

最後に

BlackBerryClassicはほんとにいい端末です。
BlackBerryの良さが惜しみなく詰め込まれていて、使えば使うほど愛着が湧いてきます。

 

ショートカットキーもまたBlackBerryの味なので使わないわけにはいかないです。

 

また、自分の使いやすいようにアレンジして楽しむのもいいですね。
それでは今回はこの辺でおさらばしたいと思います。
では!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です