無駄な機能はいらない!メール・電話だけのビジネスマンならBlackBerry9790がオススメ!

シェアしていただけたら嬉しいです!

スポンサーリンク

こんにちは。どうもレオです。

僕が今インドネシアで使っている携帯はBlackBerry9790でして、コイツがまたすげぇコンパクトで凄く使いやすいんです。
個人的にとても気に入っている端末の一つです。

インドネシアに来た当時、日本のSIMロックがかかったiPhone5をWi-Fiのみで使用していたんですが、やっぱり生活しているとWi-Fiのみの運用は何かと不便で。

なので思い切って初海外端末を購入する時に出会った端末がこのBlackBerry9790だったんです。

ただ、BlackBerryってなんか使いにくそうでどうも手が出せない分野じゃないですか?

僕も正直、そういった不安があって心配でしたが思い切って買ってみたらどっぷりBlackBerryにハマッてしまいました。

ということで今日はBlackBerry9790をオススメする記事でも書きたいと思います。

BlackBerry Classicの魅力はコレだ!
今では日本から撤退してしまったBlackBerry。 購入にはネットを通じて海外から仕入れるか、自分で海外に行ったときに買うしか方法はあり...

スポンサーリンク

BlackBerry9790はスマートなビジネスマン向き

BlackBerryと言えばビジネスマン。
そんぐらいビジネスマンに愛されているBlackBerryですが、BlackBerryの中でも特にビジネスマンにオススメなのがBlackBerry9790です。

なぜ、オススメなのかと言うとBlackBerry9790のコンパクトさにあります。
ビジネスマンが愛用するなら電話とメールさえ出来ればまぁ使えるでしょう。
その二つが出来てコンパクトでスマートに使いこなせるんですよ!

電話・メールだけならどの端末でも出来るよ!なんて声が聞こえてきそうですが、実はBlackBerry9790はコンパクトかつ文字の打ちやすさがあるんです。

BlackBerryにはQWERTY配列のキーボードがありパソコンと同じ感覚で文字入力ができるんです。パソコンと同じ感覚でメールが打てるのに凄くコンパクト。これはもうBlackBerry9790でしか味わえないスマートさだと思います。
メールが多いビジネスマンにはかなり向いている端末だと思います。

クリアな音質

何かと電話の多いビジネスマン。
電話の音質が悪いとけっこうストレスになりがちです。
BlackBerry9790はそのコンパクトさからは想像できないほど高い音質を持っています。

ですので、うるさい地下鉄だったり外出先でも綺麗な音質で相手の声が聞き取れます。

軽いから持ち運びもラクラク

最近のスマホはデカイ傾向にあって、画面がデカイのは良いんですが、どうも重量が気になってしまいます。スマホって毎日持ち運ぶものだから僕はけっこう軽い端末を選んでしまいます。BlackBerry9790を購入したのも半分以上軽いという理由です。

また、ビジネスマンはスーツを着る機会が多いです。
出来れば常時携帯をチェックできるように胸ポケットに入れる方が多いですよね。
そんなとき胸ポケットにサッと入れられて重さを全然感じなかったら嬉しくないですか?

というか、バシッと決めたスーツの胸ポケットからBlackBerry9790が出てきたらなんかコヤツは仕事が出来そうだなって感じにもなるとおもいます。

最後に

いかがだったでしょうか?
ほぼ僕のフィーリングで書いてしまったんですがBlackBerry9790の良さは伝わりましたでしょうか?

要はスマートでメールと電話だけの渋い使い方するならBlackBerry9790が断然オススメなんですよってことです。

これだけ伝わってもらえたら僕が今日この記事を書いた意味があったんだなって思います。

ということで、しょうもない記事でしたが最後までお読み頂いてありがとうございました。
では。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLEOLOGの中の人をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアしていただけたら嬉しいです!

フォローする

よく読まれている関連記事はこちら
ブログの中の人

LEOLOG | レオログの管理人レオです。
南国が大好きな海外ブロガー。現在は南の島に移住して波乗りなどを楽しんでいます。いつかはハワイに住みたい!

旅と波乗りとブログが好きなのでその3つで何かビジネスをしようと日々試行錯誤中です!

ブログは適当に好きなことを書いてます。
ブログ飯じゃなくてブログ旅を目指して頑張ります!
どうぞよろしくお願いします。

こちらも気軽にフォローしてくださいね↓↓

follow us in feedly

Facebook like box