ブラックベリーKEYone買う?

シェアしていただけたら嬉しいです!

スポンサーリンク
BlackBerryKEYone

こんにちは。どうもレオです。

今とても話題になっているBlackBerry KEYone



ボクはブラックベリー‎クラシックという以前から愛用しているブラックベリーがあるんですが、なんだかKEYoneというやつに不覚にも心奪われております。

KEYoneについては国外だけでなく国内でも販売が開始されて、尚且つ高評価ばかりなのでとても気になっているんですよね。

今日はKEYoneを購入するのかしないのかという‎ボク得なお話をしていきたいと思います。

では。

スポンサーリンク

BlackBerry KEYoneを購入するべきなのか?

まず結論から言うとBlackBerryKEYoneはBlackBerryが好きな方なら買うべきだと思います。

だって、今までのどんなBlackBerryよりもパワーアップしているから。

中身も外見も。

僕も正直日本にいたら速攻買っていたと思います。
残念ながら僕はインドネシアに住んでいて、まだ発売されてないので購入は断念しましたが。。。

ただ、次日本に帰国した際は購入しようかなと思っています。

BlackBerry KEYoneの何が良いのか?

KEYoneの何がいいのか?
僕が感じるBlackBerryKEYoneの一番の魅力は電池持ちだと思います。

今までのブラックベリーはとにかく電池持ちが悪い。
替えのバッテリーを常に持っていないと1日使用することはほぼ不可能でしたし、BlackBerryClassicにおいてはバッテリーを外すことが出来ないので、常にパワーバンクを一緒に持ち運びしなくてはなりませんでした。

正直、BlackBerryを使う男はスマートで居たいという思いが少なからずあると思います。BlackBerryが好きな人なら分かってくれるはず。

なので、電池持ちの悪いBlackBerryはどうしてもメインで使用するにはそれなりのデメリットを考慮しなくてはならなかったんですよね。

でも、それがKEYoneから大幅に改善されたようで、既に手にした方のレビューなんか見ていると『1日フルで使ったのにまだ電池が40%台』とか『充電せずに2日丸々使えそう』などかなり改善されたようです。

そうなると、メインでBlackBerryKEYoneのみ‎持ち運びすることも可能です。
替えのバッテリーもパワーバンクも持たなくていい生活ができるなんて最高じゃないですか。

また、1日外出でも電池を気にせずブログも書けるしSNSも出来る。僕が今1番求めてる事がKEYoneなら出来るんですよね。

あと中身がアンドロイドになったので、LINEの使用も安定感が出ると思います。

あぁ〜欲しい。‎

ClassicとKEYone

僕が今持っているBlackBerryClassicももちろんめちゃめちゃ気に入ってます。

正直外観だけで言ったらKEYoneよりもClassicの方がカッコイイと思っています。
僕がKEYoneを初めて見たときに1番はじめに思ったことが『え、ダサ!全然要らない。やっぱClassicだよな。』って思ったのが本音です。

でも、KEYone‎のことを調べていくうちに段々とKEYoneの魅力に惹かれていってしまいました。特に電池持ちがいいっていう評判を見る度にClassicは電池持ち悪いんだよなーとついつい比較してしまう自分がいました。

そんなこんなで実際に使い勝手とか考えるとやっぱり最新機種のKEYoneがいいんですよね。

最後に

ここまでズラズラと書いてきましたが、僕は恐らくKEYoneを買うことになると思います。

たぶんあと1ヶ月ほどで日本に帰国する予定があるので、そのタイミングで購入しようかなと。

でも、この記事をBlackBerryClassicで書いているんですが、なんだか浮気をしてしまったような感情に駆られています。

ということで、この辺で終わりにしたいと思います。
今日もブラックベリー愛を出してしまってすみませんでした!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLEOLOGの中の人をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアしていただけたら嬉しいです!

フォローする

よく読まれている関連記事はこちら
ブログの中の人

LEOLOG | レオログの管理人レオです。
南国が大好きな海外ブロガー。現在は南の島に移住して波乗りなどを楽しんでいます。いつかはハワイに住みたい!

旅と波乗りとブログが好きなのでその3つで何かビジネスをしようと日々試行錯誤中です!

ブログは適当に好きなことを書いてます。
ブログ飯じゃなくてブログ旅を目指して頑張ります!
どうぞよろしくお願いします。

こちらも気軽にフォローしてくださいね↓↓

follow us in feedly

Facebook like box