これで生活できる?バリ島に住むローカルの給料は日本の約◯◯倍低い。

シェアしていただけたら嬉しいです!

スポンサーリンク

どうも。僕(@petasojp) です。

あなたはバリ島の最低賃金を知っていますか?

発展途中のバリ島は経済が潤っているように見えて実はまだ経済格差がかなりある所です。まして最近ではガソリンなどの値上げが影響して物価もかなり上がってきています。

それなのにローカルの給料は全然上がらず苦しい経済状況を強いられています。
今日はそんなローカルたちの給料を大雑把に公開してみます。

スポンサーリンク

バリ島の最低賃金

 
インドネシアルピア
現在のバリ島の最低賃金は月収162万ルピアとなっています。日本円にすると約15000円です。

どうです?あなたはこの金額で一ヶ月働けますか?

ローカルは苦しい状況でも常に笑顔で奢ってくれたりもする中、内心はかなり苦しい状況だと思います。

ローカルの仕事別給料をざっくりまとめ

 PAK85_laladentakuOL20140321500
もちろんみんながみんな同じような給料ではないです。
職種別で以下にまとめてみました。

・ガイドスタッフ
150万〜250万ルピア +コミッション

・ホテルスタッフ
200万〜500万ルピア

・事務系
200万〜300m万ルピア

・旅行ツアー会社
200万〜500万ルピア

・ウェブデザイナー
300万〜500万ルピア

もちろんこの数字は会社によって違いますが、ローカルでも結構もらっている方もいます。
僕の知り合いのホテルマンは月600万ルピアの給料と自分のお客さんをホテルに連れてきたりするとコミッションなんかももらえるそうで結構裕福な暮らしをしている人も中にはいます。

バリ島はブラック企業ばかり!?

Green8_gomicap20141123131400500 
給料が低いし、なおかつ南国だから休みも多いんでしょう?なんて思うかもしれませんがそんなことはないです。
むしろ日本より休みは少なく、会社もそんなに休みを与えてくれるところは少ないです。

日本基準でバリの会社をみたらほとんどブラック企業ばっかです。

週休1日なんてのはほぼ当たり前。インドネシアの休日でさえ働かせられるなんてのはザラにあります。
でもそれって観光の島ならではなのかもしれないと思います。
観光業がメインのバリでは休みってのはあまり関係のなく、むしろ休みの時が稼ぎ時って理由もあると思います。

最後に

IMG_20141201_122938
ローカルの経済状況をざっくりとまとめましたがいかがでしたでしょうか。
ローカルたちの給料は日本の約8倍低いです。僕が最初にバリ島へ来たとき正直「そんな低いの?」と思ってしまいました。

それでもローカルたちは奢ってくれたり、別に金持ちを僻むようなことはせず、温かい人たちばかりなのはバリ特有な文化なのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でLEOLOGの中の人をフォローしよう!

スポンサーリンク

シェアしていただけたら嬉しいです!

フォローする

よく読まれている関連記事はこちら
ブログの中の人

LEOLOG | レオログの管理人レオです。
南国が大好きな海外ブロガー。現在は南の島に移住して波乗りなどを楽しんでいます。いつかはハワイに住みたい!

旅と波乗りとブログが好きなのでその3つで何かビジネスをしようと日々試行錯誤中です!

ブログは適当に好きなことを書いてます。
ブログ飯じゃなくてブログ旅を目指して頑張ります!
どうぞよろしくお願いします。

こちらも気軽にフォローしてくださいね↓↓

follow us in feedly

Facebook like box