海外生活のあるある話を5つご紹介!

あなたはこれから海外で生活する可能性はありますか?

近年やたらめったら自然災害が多い日本ですが、こんな日本は嫌だと海外に逃げたくなった方も少なくないハズです。
僕も海外生活が長くなってきてもう3年という月日が流れました。どうもレオです。
別に僕が海外に出たのは日本の災害が嫌だとかではなく単に自分を変えたかったからです。

さて、海外生活が長くなるとだんだんと日本ではこんなことないのに、海外で生活しているとよくあるな〜とか海外生活しててどうのこうのっていうあるある体験談を5つご紹介したいと思います。

では。

https://petaso.jp/living-abroad-the-second-year

海外生活あるある5つ

このブログの読者の中にも何人かは海外で生活している人もいるかと思います。
ですので、もしかしたら共感してもらえる部分があるかもしれませんが、それはないでしょって思うものも住む国によってはあるかもしれません。

まぁ気軽に読んで、あるあるーって思ってくれたら嬉しいです。

お客様は神様ではない

まず初めにこれです。
たぶん海外で生活してなくても旅行で感じることがあるかもしれませんが、海外では日本のような接客をする国は正直どこにもありません。

 

日本の接客業ではお客様は神様と教えられ、おもてなしに優れた接客になっていると思います。僕も日本で接客業を何回か経験したことがありますが、それはもう尋常じゃないほどお客さんに気を使うし、正直、仕事とプライベートをハッキリと分けて生活していないと辛いと感じました。

 

それぐらい接客には気を張ってやらなければならないんですが、日本に比べて海外ではどうでしょう。

 

旅行で行くようなお店などは有名店だったりちゃんと教育されたスタッフ達がいるのであまり気づかないかもしれませんが、海外で生活するとローカルなお店に行く機会も増えます。ローカルのお店なんか行くとやっぱりそのお国柄っていうのがすごく出るんです。

 

もちろんそういったローカルのお店では教育はしっかりとされていないので接客を日本と比べてしまうと最悪な対応です。でもそれが海外ではごくごく普通なんです。

 

とてもラフな感じが良いとも思うんですが、やっぱり日本人だからなのかちょいちょい気になってくるんです。

ぷつん..ぷつんと頭にくるようなこともあるんですが、これも文化ということで我慢しなければいけないところなんでしょうね。

 

言語が意外と覚えられない

言語の壁ってやっぱり大きいですよね。
海外生活をしてれば言語なんてすぐ覚えられるんでしょ?って思うかもしれませんが、じつは全く覚えていないってことがよくあるんです。

 

しっかり毎日努力して勉強しながら生活していれば覚えられるんでしょうが、海外生活をしている大半の人は日常会話にちょっと毛が生えたくらいしか喋れません。僕ももう3年経っていますが、完璧に喋れないしまだ発音とかが曖昧です。
また、3年も経ってんのに俺はこんだけしか喋れないのかってぐらいに思ってしまいます。
それにまずはネイティブな言語を聞き取れるようになるまでに約2年かかると言います。

 

日本に一時帰国した時とか友人に海外住んでたんだから言葉はもう余裕でしょ?って言われるのがけっこう辛かったりします。
余裕だよ〜なんて答えてる人は、きっと心の中ではなんでもっと勉強しなかったんだろうと思っているに違いありませんよ。

 

 

外人の友達が出来るとSNSに投稿して自慢したくなる

たぶん海外に住み始めた頃によくある現象。
なぜか日本人は外人が好きで好きでしょうがない人種です。

ですから、現地で知り合った外人や友達になった外人と写真を撮ってもらいそれをSNS上で公開して、優越感に浸るんです。
なんかもう外人の友達がいるってことがステータスみたいな感じにもなってきていると思います。

 

 

僕も海外に住み始めた当初はやたらめったら写真を撮って、もう俺はこんなに海外に馴染んでるんだぜーアピールをしていました。まぁ悪いことではないんですが、見ている側は特に何も思っていなので優越感に浸っている時間はないよってことです。

 

 

日本のようなインフラが整っていないことに怒りを覚える

日本と同じような先進国で生活していたらないかもしれませんが、発展途上国などで生活しているとやはり日本では当たり前だったインフラ設備が当たり前ではないです。

 

例えば、最もよくあるのが水が贅沢に使えない。
というのも、日本だったらお金さえ払っていれば故障でもない限り水は出続けます。

ところが、発展途上国のほとんどではタンクに貯まっている水限りしか出ません。このタンクの水が切れたらもう一度貯まるまで待たなければならないのです。

 

ですからシャワーを浴びている最中に水が止まるなんてこともよくあります。
シャンプーしている時に水が無くなったりしたら本気で壁をぶん殴りたくなります。←本当に日常でよくあります

 

こういう経験をするとやっぱり日本って素晴らしく贅沢で恵まれている国なんだなーって思います。

https://petaso.jp/living-abroad-stress

 

 

やっぱり海外の生活には慣れない

海外生活で絶対に一度はやっぱり海外生活には慣れないなーって思います。
嫌いではないんですが、どうしても日本と比べてしまって、海外生活でのマイナス面ばかりが先立ってしまうんです。

 

僕も何度この気持ちになったことか。。。
もう明日から日本に帰ってやると何度思ったことか。

 

今では相当なことがない限り心にダメージを受けることはないんですが、やっぱり心のどこかでは日本がいいなーと思うことはあります。

これって一言で言うとホームシックってやつなんですかね。

 

 

最後に

いかがだったでしょうか?
海外に在住している人、あるいは在住していた人、共感する部分はありましたでしょうか?
また、これから海外生活をしようと思っている方は参考にしてダメージが少なくなれば幸いです!

 

ということで、今日はこの辺で終わりにしたいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です