映画ビリギャルの1時間28分57秒に注目!!有村架純ちゃんが野村周平を公開処刑

シェアお願いします!

有村架純

こんにちは。どうもレオです。

以前から気になっていた映画、ビリギャル。
もう皆さんも知っての通り、学年でビリのギャルが慶應大学に合格するという実話の物語である。書籍も大人気だったようで、ベストセラーになるなど大注目のビリギャル。

僕は正直あんまり魅力を感じなくて書籍は読みませんでしたが、映画化が決まってなんと主役に有村架純ちゃんが選ばれたんですよ!

そんでこんな清純の可愛い子がギャルに?!というのを見たいが為に、今回は映画をAmazonインスタントビデオで借りて見たというわけなんです。

そんで今回の記事では別に映画の感想とかを書くつもりはありません。

実はビリギャルの1時間28分57秒にとても気になったシーンがあったので、皆さんと共有したいと思ったわけなんです。

ただ、ビリギャルのネタバレにもなってしまう可能性がありますので、まだ見ていないという方はとりあえず見てから読んだほうがいいかもしれません。

では。

スポンサーリンク

映画ビリギャル1時間28分57秒に起こった悲劇

早く何が起こったのか言えよ!と思ってる方もいることでしょう。
あまりもったいぶってもしょうがないので、さっそく‎その悲劇をお話します。

さやか(有村架純)が慶應大学に合格したことを塾の先生(伊藤淳史)に伝えに行くシーンがあるんですね。そこで、さやかと塾長と先生とレイジくん(野村周平)みんなで大喜びして抱き合うんです。

ここで事件が起こったんです。

なんと俳優の野村周平さんが両手を広げて‎有村架純ちゃんに抱きついてこーいっていうサインをしてるんですが、有村架純ちゃんはなんとそれを華麗にスルーして塾長の方に抱きつきに行ったんです。

野村周平さんの抱きついて来いーと広げた両手は虚しく誰にもバレないようにガッツポーズに変わっていましたが、その瞬間はバッチリ1時間28分57秒にとらえておりました。

その瞬間はこちらで↓

※この動画だと分かりにくいです。

編集者は悪い顔して編集したに違いない

編集者も悪よのぉ〜と思ったんですが、これは絶対に編集者がしくんだ罠なんじゃないかと僕は感じております。

みんなのアイドル有村架純ちゃんに悪いことしようとした罰だ!的な感じでニヤニヤしながら編集したに違いありません。

見てもらえれば分かるんですが、たぶん塾長の後に野村周平さんと有村架純ちゃんが抱き合ってるんじゃないかなと思われるシーンがあるんですが、見事カットされているんですよね。

それをカットしてめっちゃ恥ずかしいやつを取り入れるってことは、編集者が野村周平さんに何かの恨みがあるんじゃないかなと思います。

意外と私生活でよくあること

まぁ今回ビリギャルで起こった事件は日常でも似たような事がよくあることですよね。

例えば、別れ際にじゃあね〜って言ってハイタッチしようとしたら相手は気づかずにそのまま‎行っちゃったとか、お辞儀したけど見てなかったとか。

ぼくもけっこう経験があるんですが、こういう時すげぇ恥ずかしいんですよね。それを無かったことにしようと誰にも気づかれないようにサッと違う行動に移すんですよね。

今回は野村周平‎も抱きしめる為に大きく広げた両手もスッと大きなガッツポーズに変わっていて、なんだか見ていてかわいそうになりました。

Amazonインスタントビデオで映画をレンタルする方法。
先日も映画レンタルのことについて書きましたが、今回も引き続き映画レンタルについて書いていこうと思います。 前回の記事はこちら↓...

最後に

いかがでしたでしょうか?
たぶんYoutube動画よりAmazonインスタントビデオやDVDで見た方がその公開処刑度が全然違います。

超簡単!VPN設定で海外に居てもAmazonプライム会員の映画見放題を見る方法。
こんにちは。 先日、このような記事を書きました。 こんなことを書いておきながら本日は、その解決法とい...

野村周平さんの公開処刑を見たいとという方はぜひAmazonインスタントより!この映画、感動するし面白いし可愛いしで意外にも楽しめたかななんて思います。それにしても有村架純ちゃんは可愛いなぁ〜。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアお願いします!

フォローする

ブログの中の人

LEOLOG | レオログの管理人レオです。
南国が大好きな海外ブロガー。現在は南の島に移住して波乗りなどを楽しんでいます。いつかはハワイに住みたい!

旅と波乗りとブログが好きなのでその3つで何かビジネスをしようと日々試行錯誤中です!

ブログは適当に好きなことを書いてます。
ブログ飯じゃなくてブログ旅を目指して頑張ります!
どうぞよろしくお願いします。

こちらも気軽にフォローしてくださいね↓↓

follow us in feedly

Facebook like box